実釣

強風の中でショアジギング_ある程度の風なら釣りができる方法

~2017年8月~

海に着いたら風がヤバい…

前回シーバスを釣った秋田県金浦。

根掛かりだと思ったらシーバスだった!しかもタモ網がないっていう…~2017年7月~ ジグでシーバスが釣れる!? 前回は秋田県金浦に行ったんですが波が高く、泣く泣く違う場所で釣りをすることに...

馬鹿の一つ覚えで、また来てしまいました。

海の状況

  • 釣り人 0名
  • 海の濁り 若干強め
  • ベイト(小魚)の有無 見えない
  • 主に使ったメタルジグ GUNGUNジグ、ジグパラTG(タングステン)

しかし、着いてまず思ったことは風が強い。風が強いとキャストしたときにジグが飛ばなかったり、横から風が当たってしまうと着底がイマイチ把握できなかったりします。

またジャーク(しゃくり)の感覚がなく空振りしているような感じになってしまうので、最悪の場合釣りにならないこともあります。

変な釣り人
変な釣り人
そんな時に釣りに行くなよ

その通りなんですが、せっかくの休みで釣りがしたかったんですよ。

ベストは追い風の方向にキャスト

風が強くても、向かい風ならジグの飛距離は出ませんが着底やジャークの感覚は感じることができます。追い風なら飛距離を出すこともできるし、着底やジャークの感覚もしっかりあるので追い風が1番いいですね。

  • 追い風の方向にキャストすると着底としゃくりの感覚がわかりやすい。
  • ジグが遠投できるので広範囲を探ることができる。

反対に1番最悪なのは横からの風。キャストすればジグは流されるし着底やジャークの感覚もわかりません。

  • 横から強い風を受けてしまうとキャストした時のジグが流されてしまう。
  • ラインが流されてしまうので、着底の感覚がわかりにくい。
  • ジャークしているときの感覚もわかりずらくなる。

だから風が強いときに釣りをするときは追い風か向かい風の方向にキャストするほうがいいですね。

すぐにヒラメがヒット

そんなこんなで前回シーバスを釣ったポイントでひたすらジグを投げていると開始早々、急に重みが掛かりました。生命反応が竿先から感じられるのでこれは魚。

水面まで持ってくるといいサイズのヒラメ。

俺
やっぱりジグは釣れちゃいます

しかしタモを使うか、ぶっこ抜こうかと悩んでいたら針が外れてしまいました。

俺
早速やらかしました

めっちゃ後悔…力ずくでもぶっこ抜くべきでした。

釣れたときは冷静に、かつ素早い判断が必要になるんですね。ボケーっとしていたら魚が逃げてしまいます。

ヒラメを自分のミスで逃がしてしまった後悔が半端ない。

バラした後が正念場

ぶっちゃけ「今日はもう辞めようかな」って思いましたが、ここで続けることが釣果に繋がると思うので継続。

バラしてしまったんですが、捉え方を変えると「自分のジグの動きに魚が反応して食ってきたけど、引き上げる段階で失敗しただけ」という解釈もできます。自分は本来ネガティブなのでポジティブに考えるようにします。

パトランじぃ
パトランじぃ
失敗を糧にするんじゃ

そうすると、今まで通りにキャストして今まで通りにジャーク(しゃくり)していれば、また魚が食いついてきてくれる可能性は十分あるってこと。

そして恥ずかしながら海釣り初心者ではありますが、この数回の釣りで「ジャークしているだけでヒラメやシーバスを釣ることが出来た」という、かすかな自信が自分には芽生えてきました。

俺
同じやり方で魚が釣れているから自信がついてくる

心が折れて今回の釣りを諦めるのは簡単ですが、釣りって相手が自然なわけなので自分の思い通りに行かないことが沢山あります。

海釣りを始めたばかりの人で、まったく魚が釣れなかったら面白くないって思う方は意外と多いかもしれません。中には「もう海釣りなんかヤメる」って思う方もいるでしょう。

しかし、そんな簡単に魚が釣れたら魚を釣った価値観ってないんじゃないでしょうか。釣りに限った話ではないですが、誰でも簡単に手に入るようなものって価値は低い。

わんぱくボーイ
わんぱくボーイ
だれでもすぐにできちゃうなら嬉しくもないな

なんでか?って言ったら誰でも簡単に手に入れることができるから。達成感も全くないから、またやりたいとも思いませんよね。

心が折れそうになりながらも頑張って釣りを続けて、やっと1匹釣れる。それが気持ちいいんです。

さぐり探りなのが面白い

てかこれからも海釣りしようって思っているなら、この程度の失敗で心が折れていたら話にならないです。私なんか毎回心が折れそうになります。

海釣りにハマる人って始めた最初の頃に魚を釣ることができた人なのかもしれません。

海の状況、魚の活性、ジグのアピール力、ジャークのやり方。全てが噛み合わないと釣れないんだと思います。

ある意味、運要素もあるかもしれませんね。様々な条件が合ったから釣ることができている。

パトランじぃ
パトランじぃ
経験を積んでいくことで少しずつわかってくるぞ

逆に魚がいても活性が悪くまったく食う気がないなら、どんだけジグをジャークさせても釣ることはできない。海に行くまで何時間もかけて行っているのになんにも釣れないなら「海釣りは面白くない」って感じて辞めてしまうと思うんです。

自分もその立場だったら「俺は釣りのセンスがないんだ」ってもう海釣りには行かないと思います。自分、基本ネガティブなんでw

 

でも一度魚が食ってきたら、釣りの虜になってしまいます。

フッキングした後の強い引き。ドラグが出ていくときの「デカい魚なんじゃねえか!?」っていう期待感!

なにより自分のジグの動かし方に魚が反応して食って来てくれたこと。そのことを思い出すとまた海に向かっていますwww

話はかなり脱線しましたが、その後もジグを投げ続けます。

キャストしてボトム付近をジャーク。

 

すると微妙に重みが掛かりました。

俺
魚が食った!!

魚がヒット!

たしかに手元に生命感が伝わってきます。

ゆっくり巻き上げてくると・・・

 

テッテレー!

ヒラメが釣れた

先ほど逃がしてしまったヒラメよりだいぶサイズは小さくなってしまいましたが粘ってキャストし続けた結果一匹釣ることができました。

本当に粘ってやり続けて良かったと思うし、やっぱりジグは魚が釣れちゃいます。もちろんジグを2~3投、投げればすぐ釣れるというものではありません。

しかし何十回と諦めずに投げ続けることで誰にでも釣れるチャンスはあるということです。なぜそんなことが言えるかというと初心者の私でも釣ることができているからです。

私なんか初心者なので毎回が探り探りな感じですが、なんとか釣ることが出来ています。

でも自分が今まで味わったことのない刺激に触れて、少しずつ知らなかったことがわかってくる感覚が楽しいんですよね。

今回は粘ったおかげでヒラメを一匹釣りことが出来たので安全運転で自宅に帰ります。

釣りをしていた時間

約9時間

釣果

ヒラメ  1匹

風が強いときは風を背に受けよう

ショアジギングは風の影響をモロに受けてしまうので風が強いときは追い風、もしくは向かい風にキャストして横からの風を避ける必要がありますね。

心が折れそうになることは多々あるんですが、魚を釣るにはひたすら何十回もキャストすることが大事かもしれません。

海釣りを始める前には「何か趣味を見つけよう」と思ってましたが、なかなか本気になってやりこむ趣味ってなかったんですよね。バス釣りをしていたけどイマイチしっくりこない。

でもバス釣りから「海に釣りをしよう」ってことになったのが転機だったのかもしれません。

海は広いしどんな「デカい魚がいるんだ」って期待が半端ないですからね。

そしてジギングは様々な種類の魚が釣れちゃうんで面白いです。

俺
ショアジギングはやっぱり面白い

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら