ショアジギング

【釣り】絶望からの起死回生!金浦にはヒラメが大量に・・・

~2018年6月~

どうやらヒラメの聖地を見つけてしまったらしい・・・

ご覧いただきありがとうございます。

今回は朝まずめから金浦、平沢、西目の3つの漁港でショアジギングしてきました。

 

「青物が釣れればいいなぁ」って思いながら釣りに行ってるけど、なかなか釣れない・・・

 

 

イナダの群れが見えた時にジグをキャストしてもスルーされてしまいます。

 

ジグのカラーがよくなかったのか、ジャークのスピードが悪かったのか、そもそも食う気が無かったのか・・・

考えても自分は魚じゃないのでわかりません(´・ω・)

 

 

一匹ワラサはを釣っていますが、予定ではもっと沢山釣っているはず(恥)

 

今の時期にはイナダが回遊しに来るので余裕で釣れるって思っていたけど、そう簡単にはいかなかった。

やっぱり釣りは難しい(笑)

 

でも、だからこそ釣れたときにめちゃくちゃ嬉しいんですけどね。

 

 

今回ももちろんジギングのみ!

「釣れなかったらそれはそれでしょうがない」って感じでやってきました。

釣れないときはどう頑張っても結果が出ませんもんね・・・

 

自分の武器は折れない心です(笑)

テクニックうんぬんではなく、精神論w

 

そんなこんなで、朝まずめは金浦からスタート。

 

いつもやっている堤防の先端は先客に取られてしまっています。

いやぁー、こんな早い時間に来たのに取られているとは・・・

 

ほかに釣りが出来そうな場所はないかとテトラに登って探してみましたが、もし食ってきたとしてもタモ入れ出来そうなところはありません。

水面で魚の気配が見てとれただけに悔しいですが、釣ることよりも安全を優先して今は諦めます(@_@)

 

 

気を取り直して西目漁港に移動っ!

 

着いてみると、アジ釣りの人たちが10人くらいいます。

柵を越えて堤防に行くと、先端に先客がっ!

また遅れを取ってしまった!

 

西目漁港は風が強く、沖に向かって風が吹いています。

堤防から横にキャストすると風を食らってしまい着底が把握できません。

 

「これはダメなやつだ」ってことで足早に平沢漁港に移動っ!

 

 

今まで朝まずめでこんなに釣り人がいることは滅多にないので、この時期は釣果が見込めるから釣り人が多いんですかね?

 

 

やっぱり先客がいたり風の向きによって釣りができないときがあります。

釣りをするポイントは多くあるほうがいいし、釣り人と話をすると「そんな場所があったんだ」って教えてもらえることもあるので、釣り場を模索することも大事になってくると思います。

 

 

いつも釣りをしている平沢漁港の先端に行くと…

 

 

釣り人なし(。-`ω-)

やっと腰を据えて釣りが出来そうです(嬉)

 

西目漁港とは違い風も強くありません。

車で20分くらいの距離なのに、結構風速違うんですね。

 

平沢漁港の先端からテトラに上がり、思いっきりキャスト!

 

 

 

 

しかし、全く反応なし!

 

 

 

アジの群れはいるんですけどねぇ。

たまに100匹くらいで泳いでいるのは見えるんですけど、イナダはいないんですかね。

魚影は見えません。

もうショアからは釣れないのかなぁ( ;∀;)

 

イナダが釣れる時期に、もう一度釣ってみたいんですけどね。

青物は走るため引きが凄いって聞いていましたが以前にワラサが掛かったときはドラグが出ていき、言っていた通り引きが凄かったです。

シーバスやヒラメとも引きが違うし、真鯛とも引きが違いました。釣り上げるまでの楽しさで言えば、「やはり青物は面白いな」って感じました。

 

 

2時間くらい平沢でキャストし続けましたが、なんにも釣れませんでした。

 

うーん。きびしぃーー!

 

朝まずめが1番熱いだろうと思って早くから出発しているんですが、最近は全く釣れません・・・

釣れやすいって思っている朝まずめに釣れないと「今日も釣れないんだろうなぁ」ってぶっちゃけ思います(笑)

 

 

そんなこんなで、すでに半分心が折れている状態で、さっきは先客がいた西目漁港に到着。

 

 

道に車を停めて漁港を見てみると、堤防の先端が空いている!

 

 

チャンスぅ~!

 

先端が取られないよう足早に、竿とタモを持って向かいます。

さっきみたいな強い風もなくなり、釣りがしやすい天候。

 

メタルジグをぶん投げて、ゆっくりジャークさせます。

以前にワラサが食ってきた時も早いジャークではなく比較的ゆっくりめのジャークだったのでこのくらいのスピードでも食ってくると思います。

 

そして「あわよくば真鯛なんかも釣りたいなぁ」なんて思っちゃってます。

私は、なんて欲深い生き物なんでしょう(笑)

 

 

ジグで沖の方ばかり狙っていましたが、足元を見てみると、フグの群れの中にアジがいる模様。

そして40センチくらいのイナダらしきモノも見えました。

 

 

 

いるじゃん(笑)

 

足元付近を回遊していると推測!!

沖にではなく堤防に沿って横にキャスト!

 

 

すると、竿先に重みがかかる~!

 

「なんか食ったわ!」

 

 

やっと、やっと、ヒットしました(泣)

 

 

 

 

でも巻き上げてくるときに引いたりする生命反応がない・・・

次第に「魚じゃないのでは・・・」という思いが脳裏によぎるーw

 

 

 

 

 

 

ゆっくり巻いてくると、サビキの仕掛けが絡んだ海藻でした。

 

 

 

オワタw

 

 

 

 

私の希望は一瞬で打ち砕かれました。

 

イナダはいるのに食ってこない・・・

自分達から見えてる魚って食ってこない気がする。

 

魚側からも自分たちのことが見えていて「あいつ食いつくと思ってジグ投げてきてんだけどー、ウケるわー、しかも汗だくじゃーん、キモーい」って感じで見えてるんでしょうか?

 

なんだか魚に心が見透かされているような気がするので場所移動します(笑)

やっぱ俺ネガティブじゃん・・・(泣)

 

 

最後は金浦に行ってみます。

朝まずめのときはテトラに先客がいましたが、今はいないっ!!

 

 

テトラ確保っ!!

 

このポイントは以前にデカ真鯛を逃がしてしまった場所。

今でも「あの真鯛を釣ることができていたら・・・」って後悔することがあります。

 

今回はイナダ狙いですが、やっぱりあわよくば真鯛も(*´▽`*)って感じでキャストぉ~!

 

 

しかし、真鯛どころかイナダ、アジすら食ってきません。

「あぁ~、朝まずめから夕まずめまで必死こいて釣りしてんのにボウズかぁ~」

「こっちは汗だくでやってんのに、やっぱ自然は厳しいね(泣)」って思っていると、急に重みが掛かりました!!

 

 

 

さっきのサビキの仕掛けが絡んだ海藻とは違い、重さと生命反応ありっ!!

 

 

 

こりゃ魚だ!

えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよいと巻き上げてくると

 

 

 

ヒラメ!

しかしサイズが小さい・・・

25cmくらいですかね。

 

 

あまり大きくないのでリリースすることにしました。

「もっと大きくなって、また俺のジグに食ってきてくれよ~」って思いながら海に返しました。

実際に声には出していませんよ(笑)

「心のなかで」ってヤツです。

 

 

でも自分のジャークで食ってきてくれたことに感動!(泣)

 

 

ショアジギングって自分のジャークのやり方で魚が反応して食ってくるわけじゃないですか。だから食ってきてくれて凄い嬉しいんですよね。

魚に対して「ありがとう」って思っちゃいます(釣りバカ)

でもホントに思います。

 

久々にヒラメが釣れたので嬉しいし、自信にもなります。

魚の活性や釣れやすい時期、潮など色んな要素が関係していますが「自分のやり方でも魚は食ってくる」って再認識することができたわけです。

 

 

今までのまったく釣れなくて辛かった感情は吹き飛びます(笑)

 

 

 

ようやく本気出すときが来ました!

おまえ「朝まずめから本気だっただろ」っていう厳しい突っ込みは受け付けません(泣)

 

 

 

 

ヒラメが一匹釣れたってことは「ヒラメがいやすい環境?」って考えることができます。

 

それから10回くらいキャストしてからですかね。

 

急に重みが掛かりました。

「さっきより大きい」って感覚でわかりました。

 

 

「根がかり?」って思いましたが「グンッ、グンッ」って引く感覚が手元に感じます。

以前釣ったイナダよりも走る感じはないし、真鯛のような「ゴンッ、ゴンッ、ゴンッ」という引きもないんですが、先ほどの魚よりも大きいなって感じはします。

引き方としては、さっきと似たような引きなので「もしかしてヒラメか?」

 

 

 

焦らずに足元まで巻いてくると40くらいのヒラメ!!

 

内心「よっしゃー!」ですよ(笑)

 

 

 

 

 

しかし水面に顔を出してちょっとしたくらいに動き出し、フックが外れた。

 

 

 

 

 

やらかした・・・

 

 

以前サゴシが掛かったときと同じ失敗をまたやっちゃいました・・

 

 

 

へこみました。

 

「俺って学ばない人間なんだ」って(マジ)

 

 

 

 

ミスをすることはしょうがない。

けど「同じミスを犯さないために改善すればいいんだ」っていう考えの自分でしたが、似たようなミスをやっちまいました。

 

 

ってかランディングって難しくないですか!?

 

 

 

ぶっちゃけ自分はランディングとタモ入れは下手って自負はあります(キリッ)

自慢できることではないんですが・・・

 

 

ランディングとタモ入れってテトラの上だったり、堤防から水面まで高低差があるほうが難しいですよね。

経験上そう感じます。

せっかくジグの動きに食いついてきて、フックも刺さっている状態で足元まで持ってきて来れたのにバラシてしまったのは自分の責任のほかありません。

 

 

魚にジグを食いつかせるジャークはいいと思うんですけど、食ってから釣り上げるところで改善しなければいけない点があるんですね(反省)

 

 

 

でも二回もヒラメが食ってきたってことはですよ。

「ここにはヒラメが沢山いる可能性が高い!」って可能性もあるじゃないですか!

 

 

 

ってことでひたすらキャスト&ジャーク。

 

 

 

一瞬、竿に重みが乗ります。

 

 

「食ったっ!」

 

 

 

しかしすぐに軽くなってしまいました。

しっかり乗らなかったみたい。

でもここは岩や海藻など根がかりするようなものはないし、重みがかかった感覚もさっきと同じ感じだったのでヒラメだったと思われます。

 

 

 

夕まずめになって少し暗くなってきたのでジグをゼブラグローにチェンジ。

 

 

・・・

 

 

 

するとさっきと似たような重みっ!

 

 

 

今日、3回食ってきたので感覚でわかりました。

 

 

 

 

 

「ヒラメやでっ!」

 

 

なぜ大阪弁なのかっていうツッコミはスルーでよろ。

 

 

 

 

 

釣り上げた25cmくらいの一匹目よりも重みがあります。

さっきと同じような「グンッ、グンッ」っていう引き。

 

 

足元まで持ってくると、

 

 

やはりヒラメ!

 

 

 

 

「ここはヒラメの聖地やぁ~」

 

大阪弁はスルーでよろ。

 

 

 

 

今回は絶対にバラしませんっ!!!!!

 

 

 

 

焦らずにゆっくりランディングして釣り上げます。

 

 

 

すると、結構いいサイズの43cmのヒラメ。

 

 

さっきはバラシてしまったので、今釣り上げることができたヒラメはめっちゃ嬉しいです(泣)

しっかり食ってきています。

周りに人が居なかったんで「やったぁー、食ってきてくれてありがとぉ~」って声に出して言っていましたwww

 

 

釣りをしたことがない人が見たら「なんでそんなに嬉しいんだ(笑)」って思うかもしれませんが、ここまで来るのに自分なりに努力してるんです(泣)

同じ釣り人なら分かってくれると思います。

 

 

ってか金浦で釣りをしていたのは4時間くらいだと思うんですけど、合計で4回もヒラメのバイトがありました。6月はヒラメが釣れやすい時期ってこともあるけど、ショアジギングでヒラメのバイト4回って結構凄くないですか(笑)

 

今まで海釣りをしていてこんなにヒラメがバイトしてくることってありませんでした。

1回はおそらくヒラメだろうって感じですが、二匹は釣ることができたし、もう一匹は足元でしっかり確認しています。

 

 

実際持ち帰るのは1匹だけですが、今回「金浦でこんなにヒラメがいる」ってことが分かったので、かなり価値のある一日になりました。

 

今度は友達を誘って聖地でヒラメ狙いですね。

 

ってことで暗くなったので今日の釣りは以上で終了。

安全運転で帰宅です。

 

釣りをしていた時間

約8時間

 

釣果

ヒラメ 25cmくらい(小さかったのでリリース)

 

ヒラメ 43cm

 

今回の気付き

今回もがっつりショアジギングしてきたが、いろんなポイントでキャストしてみたが食ってきたのはたった1つのポイントのみ。

でもそこには沢山ヒラメがいるみたいで4回もバイトがありました。

やはり魚がいて、活性も高かったらジグでも全然食ってきますね。

今回で少し自信を取り戻せた気がしました。

 

やっぱりせっかく食ってきてくれたのに、ランディングとタモ入れでミスるのは痛すぎる。

やり方勉強しなきゃです(反省)

 

魚がまったく釣れなくて厳しい状況でも1匹釣ることができると、今までの苦労が喜びに変わりますね。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら