実釣

スロージグのただ巻きは青物に効果的|ジグパラスローの可能性

~2018年7月~

イナダも狙いたいところ…

前回はヒラメの激熱ポイントでショアジギングをやってきました。

【釣り】ヒラメがめっちゃ釣れる金浦でショアジギング!!~2018年7月~ やっと見つけたヒラメゾーンで何匹釣れるのか!? ご覧いただきありがとうございます。 前回めっちゃヒ...

今回は約1か月ぶりの実釣。

釣り仲間
釣り仲間
ワカシが結構釣れてるよー

話によるとワカシは結構釣れているということでした。運よくイナダも釣りたいところです。

ワカシは出世魚

ワカシはサイズによって呼び名が変わる出世魚です。

サイズごとの呼び名
  • ワカシ
    20cm未満
  • イナダ
    40cm未満
  • ワラサ
    60cm未満
  • ブリ
    80cm以上
パトランじぃ
パトランじぃ
ちなみに地方によっても呼び名は違うぞ

朝5時に西目漁港に到着しましたが、すでに朝日が昇り始めています。とりあえず釣り開始~。

海の状況

  • 釣り人  5名
  • まわりの釣り人がやっている釣り  エサ釣り
  • まわりの釣り人が釣っている魚  不明
  • 海の濁り  弱い
  • ベイト(小魚)の有無  見える(サヨリ、サバ、アジ)
  • 主に使ったメタルジグ  ジグパラスロー、ジグパラTG(タングステン)

ベイト(小魚)はサヨリとサバが大量に

堤防にはエサ釣りをしている人が5名いて、水面を見るとサヨリとサバの大群が泳いでいます。これだけベイトがたくさんいるってことは、それを捕食するフィッシュイーター(イナダ、シーバス、ヒラメなど)がいる可能性が高いってことです。

経験上、ベイトが沢山いるときには魚が釣れることが多いです。こういった海の状況はかならず確認していたほうがいいですね。

本日は風も強くないので釣りには最高な天候。

俺
やっぱり釣りが気持ちええ

あとは魚さえ釣れれば言うことはありません。

真鯛も釣れるゼブラグロー

最初はジグパラスローのゼブラグローをキャスト。このゼブラグローはマズメの時間帯に効果絶大。

真鯛もジグパラTGのゼブラグローで釣れちゃいました。

ショアジギングで真鯛が釣れる|ワンピッチからのゴンゴンゴンッ!!~2017年9月~ ついに奇跡が起こる!人生初の真鯛ゲットォー! 最近はなかなか釣果が伸びずヒットするのは地球ばかり...

しかし今回はヒットせず。今日の状況ではイマイチだったみたいです。

追いかけては来るものの…

次はジグパラスローのピンクをキャスト。いつも通りにゆっくりとしたワンピッチでジグをアピールさせます。ヒットしなかったんですが、足元までチェイス(魚がルアーを追いかけること)してきています。

魚の正体はおそらくワカシ。活性も悪くないようだし、ゼブラグローのジグでは反応なかったんですが、カラーをピンクに変えた途端に追いかけてきたのでピンクのジグで続行します。

しかし追いかけては来るものの、バイト(喰いついてくること)には至らない。あと一歩の何かが違うのか…

カラーをレッドゴールドに変えてみる

状況を打破するべくジグパラスローのレッドゴールドにチェンジ。

キャストしていつも通りにジャーク。足元まで巻いてくるとワカシが20匹ほど追いかけてきています。

俺
めっちゃ興味あるんじゃん

しかし、沢山追って来るけど食いつきはしない。今の使っているジグは40gのスロージグなのでシルエットが大きいから食いつかないのかもしれません。

伝家の宝刀ジグパラTG

ならばジグパラTG(タングステン)のジグに変更。海の濁りも弱いのでカラーはブルーでいきます。

5回くらいキャストしたら急に重みが乗りました。

俺
やっと喰ったぁー

結構手前でのヒットで水面でバシャバシャいってる。擦れ掛かりでかなり暴れているようです。

やっとワカシをゲット

やっぱりワカシでした。ジグに追いかけては来るんですが、喰いつかせるまでに苦労しました。

とりあえず1匹釣れましたが、あとはサイズアップを狙いたいところ。その後もジグパラTGをキャストしていたんですが、なかなか喰いついてくれないのでスロージグに戻してみます。

ジグのただ巻きって釣れるの!?

ジャークすると時々追いかけてくることはあるですが、喰いついてこないのでダメもとでスロージグをただ巻きしてみることに…するとジャークしたときより頻繁に魚が追いかけてきます。

いつもジャークばっかりでやっているので、ジグのただ巻きって釣れるイメージがありませんでした。

なかなか釣れない状況こそ普段自分がやらない釣りを試したほうがいいですね。新たな発見があります。

釣れない状況こそ普段やらない釣り方を試してみよう

ただ巻きのほうが魚の反応がいいかもしれないので、キャストしてからひたすら巻いてきます。

その時一瞬重みがかかりました!

しかし、うまくフッキングしていなかったようでバラしてしまいました…でも中層付近を巻いてきていたので根掛かりではなくて魚。

パトランじぃ
パトランじぃ
バラしてしまったがただ巻きで喰いついてくることがわかったな

ジグパラスローのただ巻きは素晴らしい

ジャークで魚の反応がなかったら、ただ巻きでやってみるのも効果的ってことがわかったので収穫あり。たしかにジグパラスローはただ巻きでかなりいい動きをしてくれます。

ただ巻きで言えば、ジグパラTGよりジグパラスローに軍配が上がります。

ジャークならジグパラTG。ただ巻きならジグパラスローがおすすめです。

あとスロージグは普通のジグよりも飛距離が出ます。ショアジギングはより遠くにキャストすることが重要なので、飛距離は大事な要素。

パトランじぃ
パトランじぃ
飛距離が出ると多くの魚にアピールすることができるぞ

しかもTG(タングステン)よりもお財布に優しいのでGOOD。

イナダが回遊

足元を見るとイナダが2匹回遊しています。

俺
イナダもいるんじゃん
俺
やる気アップ!!

ほとんどはサイズの小さいワカシですが、中には50cmくらいのイナダもいる模様。だったらひたすらキャスト、ジャーク、ただ巻きを繰り返してればイナダも喰ってくる可能性はあります。

ヒット!

すると急に重みが!自分は足元でバラすことが多いので慎重に巻いてきます。

 

堤防に上げるとワカシ。

さっきよりは少しサイズアップ。スロージグのジャークで食ってきてくれました。青物は引きが強いので大きくなくても引きは楽しめます。

その後もキャストしていましたが、釣れなくなってきたので今回は終了。青物は釣れましたが、いいサイズは釣ることはできませんでした。

でもワカシだけではなく、いいサイズのイナダも見えたのでやり続けていれば釣ることは可能だと思います。サイズは選べませんからね。

釣りをしていた時間

約5時間

釣果

ワカシ  2匹

スロージグの可能性に気づくことができた釣行

この日は7月の後半でしたがワカシがメインで中にはイナダも混ざっている感じでした。海の状況的にはベイト(小魚)も沢山いて非常に良かったです。

久しぶりにスロージグを使ってみたら新たな可能性に気づくことができました。

ジグパラスロージグの良さ
  • 飛距離は出る。
  • ただ巻きでもいい動きをする。
  • お財布に優しい。

魚の喰いが渋いときにはただ巻きも試してみる価値があります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事はこちら