知識

【冬の釣り】実は貼る場所が重要だった!カイロの効果的な貼り方!

冬に釣りをするなら必需品!!

釣り好きであれば冬でも釣りに出かけたくなってしまいますよね。
一般的に、寒いと魚の活性が低くなり釣れにくくなると言われていますが、ハタハタやシーバスなど冬に釣れる魚もいます。

寒くなると活性が低くなるのは魚だけではありません。人間もかなり厳しいものがあります。寒さ対策をしていないと釣りどころじゃありませんからね。

そんな時に心強いのがカイロ。だれでも知っている冬のお供ですね。

今回は カイロをここに貼れば効果的!!という場所を紹介していきます。

 

カイロの仕組み

簡単に説明すると、鉄を濡れたままの状態にしておくとサビてしまいますよね。これは鉄が酸化しているんです。(鉄が空気中の酸素と反応して酸化鉄になる)

この化学反応が起きるときに出る熱を利用したのがカイロなんです。

 

効率よく体を温めるにはここに貼ろう!

頭を前に倒したときに一か所骨が出ますよね。そのあたりにカイロを貼ることで身体を効率よく温めることができます。

肩こりがある場合でも軽減することがあります。肩に貼らずに、首の骨が出るところに貼るのが効果的です。

俺
こんなところにカイロを貼るのが効果的だったなんて知らなかった

 

 

へその下

人間は内臓の温度が下がると、身体の機能が低下してしまします。

そのため内臓を温めることはとても大事。

なぜへその下がいいのか?と言うと、丹田(たんでん)というツボがあるんです。内臓を温めるにはへその下にカイロを当てましょう。

俺
内臓を冷やしてしまうのはよくないんだな

 

 

肩甲骨

肩甲骨の近くには風門(ふうもん)というツボがあります。

また肩から背中には僧帽筋という筋肉があるので肩甲骨の間にカイロを貼ることで効率よく身体を温めることができます。

俺
実際に冬に釣りをするときに肩甲骨の間にカイロを貼ったらかなり温かかったぜ

 

 

へその裏には命門(めいもん)と呼ばれるツボががあるので腰にカイロを貼ることも効果的です。

また腰痛持ちの人は、温めることで痛みの軽減することもできます。

俺
腰痛がひどいと釣りどころじゃないからな

 

 

足首

冬に釣りに行くときって、ヒートテック、防寒防風のジャケット、手袋、ネックウォーマー、腹巻など寒くないようにあらゆる防寒対策をやっていくと思います。

しかし、足の防寒対策ってしっかりやっていない人が多いのではないでしょうか?地面からの冷気がもろに足に襲い掛かってきます。

そんな時に効果的なのは足首にカイロを貼ること。アキレス腱の部分には太谿(たいけい)というツボがあり、ここを温めるのが効果的です。

俺
俺は冷え性だから寒いと足から冷えてくる

 

貼ってはいけない場所

効果的な場所は紹介しましたが、貼ってはいけない場所もあります。

ここには貼ったらダメ
  • 頭部
  • わきの下

この二か所には貼らないようにして下さい。頭痛や気分不良になってしまうことがあります。

俺
どこにでも貼ればいいってことではないんだな

 

 

やってはいけない使い方

間違った使い方で使用してしまうと、低温やけどを起こしてしまいます。

  • 肌に直接貼る
  • 眠るときに使う
  • 他の暖房器具と併用する
俺
カイロを貼った状態でストーブやこたつを使うのは危険だぞ

 

 

カイロの効果的な貼り方 まとめ

今回は カイロの効果的な貼る場所について紹介しました。

自分も冬に釣りをしているときにカイロを使っているんですが、特に効果的と感じたのは以下の通り。

  • 肩甲骨
  • 足首

もしカイロを使う場面があったらぜひ紹介した場所に貼ってみてください。効果を実感できるはずです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら