知識

好きな子と釣りデートする方法_女性が釣りを嫌がる6つのワケ

男性であれば好きな女性や彼女と釣りデートをしたい!って思うかもしれませんが、知っての通り、女性は釣りに対して苦手意識があります。

今回は女性が釣りのこんなところがイヤ!という理由と対処法を紹介します。

女性が思う釣りのこんなところがイヤ!

日焼けしてしまう

女性であれば日焼けは大敵。シミの原因になってしまうからです。

もちろん釣りは室外で行うものなので、日光を浴びてしまうのはしょうがないことなんですが…

対処法
  • 日焼け止めを塗る
  • UVカットめがね、UVカットレギンス、UVカットパーカー、UVカットマスクを着用する

日焼けをしたくないなら日焼け止め、UVカットマスクなどは必須。

俺
俺は日焼け対策をしていなくてシミができてしまったぞ…
俺
俺みたいにならないようにあらかじめ対策してください

トイレがない

釣り場にはトイレがないという場合がほとんどです。あったとしても汚れていたりと女性にとっては気が引けてしまいます…

対処法
  • 事前にトイレのある釣り場をチェックしておく
  • 近くにコンビニがある釣り場を選択する

1番無難なのはコンビニのトイレを借りることでしょう。

俺
夏は汗をかいたり体力を消耗するのでついでに水分と食料を調達すると一石二鳥

手が汚れる、臭くなる

サビキで使うエサを触るのは抵抗があると思いますし、イソメを掴むのなんてもってのほかでしょう。手が汚れて臭くなってしまうので、そこまでして釣りをしなくても…って思ってしまいます。

対処法
  • サビキ釣りであればエサを触らなくてもいいチューブタイプの物を選ぶ
  • イソメを使うのであれば男性がやってあげる
  • エサ釣りではなくルアーをやってみる
  • 手を洗う用の水と石鹸を用意しておく

ルアーを初心者の方がやるのは難しいかもしれないので、最初はサビキ釣りがおすすめ。チューブタイプの物だと手が汚れることもないので安心です。

車に水と石鹸を準備しておくことで生臭くなる心配も解決できるでしょう。

靴が汚れる、血が付く

釣りをするためには、まず釣り場に行かなければいけません。初心者の方は堤防がいいでしょう。

車から降りて堤防まで行くとしても砂や泥の道を歩いていかなければいけないこともあります。デートでせっかくオシャレしてきたのに靴が汚れるってなったら躊躇してしまうのは当たり前。

対処法
  • 汚れてもいいような靴を準備しておく

釣った魚が暴れて、靴に血やヌルヌルがついてしまうことがあるので汚れてもいいようなスニーカーを準備しておくことをおすすめします。釣りの後にショッピングに行きたいときはスニーカーから履き替えればOKです。

暑い、寒い

日焼けしてしまうと共通することではありますが室外でやる以上、天候や気温が影響します。こんなに暑いときに辛い思いをして釣りをするのはしんどいですからね。

夏は汗だくになってしまいますし、冬は寒くて体が芯から冷えてしまいます。

対処法
  • 春や秋の涼しい季節に釣りに行く
  • 釣りの後に温泉に行ってリフレッシュ

春や秋は、暑すぎず寒すぎずで1番釣りをしやすい季節だと言えます。はじめて釣りの体験をさせるときは真夏や真冬に行くのはやめましょう。

冬は魚が釣れにくい状況なのでおすすめしません。

冬は魚の活性が低くなる|魚が釣れない4つの理由冬に魚が釣れにくいワケ… 冬の釣りに行ってもなかなか魚は釣れない… 今回は冬に魚が釣れない4つの理由を紹介します。 魚...

釣らなくても買えばいい

たしかにその通りっちゃーその通り。

しかし釣りをすることで、竿先から手元に伝わる生命反応や強い引きから「どんな大きい魚が掛かっているんだ!?」という期待が面白いんです。こればっかりは釣りをしてみないとわからないことなので、これまでに紹介したことを実践して好きな女性や彼女に伝えてください。

対処法
  • 冬以外の時期に釣りに行って魚を釣る楽しさを知ってもらう
俺
大切なのは最初に魚を釣るってことだ!せっかく釣りに行ったのに釣れないと面白くないって思われてしまうぞ!

飽きる

あんまり気が乗っていない女性を釣りに誘うことに成功したとしても全然釣れないと面白かったという感覚にならず、また釣りに行きたいとは思いません。そこで大事なのは1回目の釣りで魚を釣るということ。

はじめて行った釣りで魚を釣ることができると「次はもっと魚が釣れるかも」って期待感が膨らみます。

対処法
  • 事前にターゲットの釣れる時期実績のある釣り場を調べておく

サビキ釣りであれば簡単に釣りをすることができるし、アジやサバ、イワシが結構釣れるのでオススメです。

パトランじぃ
パトランじぃ
小さい魚でもとりあえず釣ることが重要じゃ

彼女や好きな女性と釣りに行こう

今回は女性が釣りの苦手とする理由と一緒に釣りに行ってもらえるような対処法について紹介しました。

まとめ
  • 日焼けしてしまう
  • トイレがない
  • 手が汚れる、臭くなる
  • 靴が汚れる、血がつく
  • 暑い、寒い
  • 釣らなくても買えばいい
  • 飽きる

自分がハマっている趣味は好きな人にも伝えてあげたいって思う方が多いと思うんですが、釣りは女性から人気がないのがリアルなところです。今回紹介した対処法を実践して好きな人と釣りを満喫しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら