実釣

ヒラメが釣れる時期は夏_ショアジギング初心者でも釣れる!

~2017年7月~

デカい魚を釣るならショアジギング

前回は初めての海釣りでサビキ釣りに挑戦。

サビキ釣りのコツ|秋田港セリオンで初心者でも釣れる!~2017年6月~ サビキ釣りで挑む海釣り! 今までバス釣りはやったことがあるんですが、いまいちハマれなかったので思い切って...

アジを50匹くらい釣ることができて大満足!!
の、はずだったんですが・・・

 

俺
もっとデカい魚が釣りたい!!

って欲が出てきました。

 

サビキ釣りは面白かったんですが、基本的にはアジやサバなどの小さい魚がメインになります。でも海ってめっちゃ広いし、デカい魚もいるわけじゃないですか。

だったら私はデカい魚が釣りたいって思いました。デカい魚の引きを経験したいんですよね。

サビキ釣りでは大きい魚は狙えない。じゃあデカい魚を釣るためにはどんな釣りがあるのか Google先生に尋ねたところ、ジギングにたどり着きました。

ジギングとは
  1. 鉛の塊をキャストして海底まで落としてやります。
  2. ボトムに着底したらロッドをしゃくりながらリールを巻いていきます。
  3. そうすることで鉛の塊が小魚のようにアクションして魚が食いついてくる。

私がやりたかったのはこんな釣りです。早速、サビキ釣りからジギングに転向!!

ジギングと言っても二種類あります。

ショアジギング

ショアとは 岸や地磯などの陸という意味で、陸からルアー(メタルジグなど)をキャストする釣りのこと。

メリット
  • ポイントをしっかり選べれば色んな魚種を釣ることも可能。
    対象魚(真鯛、ヒラメ、イナダ、ワラサ、サゴシ、シーバス)
  • オフショアよりもお金がかからない。
  • 初心者でも気軽にできる。

 

デメリット
  • ショアからキャストできるのは、せいぜい100メートルくらいまで。それ以上の沖の魚は狙えない。
  • 寒くなると魚は水温の安定している水深の深い沖に行ってしまう為、釣るのが難しくなってしまう。

 

 

オフショアジギング

オフショアとは船の上という意味で、船に乗って魚を釣ること。

メリット
  • 多彩な魚種を狙えることができる。
    対象魚(真鯛、太刀魚、シーバス、ヒラメ、ブリなど)
  • 大型の魚を釣ることが可能。

 

デメリット
  • 船に乗る必要があるのでお金がかかる。
  • 船酔いになる可能性がある。

 

私は初心者なので気軽に始めることができるショアジギングをやることに。

パトランじぃ
パトランじぃ
経験を積んでからオフショアをやるのもいいぞ

 

家族連れならサビキ釣り

サビキ釣りだったらエサを入れてれば誰でも釣れると思います。てかエサなしでも釣れたりします。

子供や女性でも気軽に楽しめる釣りでファミリー向けにはもってこいです。奥さんや子ども達と釣りを楽しめるなんて最高ですよね。そんな日が来てくれればいいと思う今日この頃ですが・・・

1人で行くなら大物を釣って帰りたい!!って思っちゃいました。

 

ジギングはデカい魚が釣れるってのが魅力的だし、一番の魅力って自分の動かし方次第で魚が食ってくるってとこだと思います。ルアー(ジグ)を自分のテクニックで動かして魚に食わせる。

まだやったことがないんですが「サビキ釣りよりも面白そうだ」って思いました。ってことで釣具屋でジギング用のロッド、リール、PEライン、ショックリーダーのフロロ、メタルジグを購入。

 

メタルジグはブルー、ピンク、シルバーなどの様々なカラーを買ってみました。

ネットで調べてみるとジグは海が濁っているときはピンク系海がきれいなときはブルー系がいいらしい。前回のサビキ釣りで訪れた秋田港セリオンでショアジギングをやりに行きます。

ぽっちゃり釣り人
ぽっちゃり釣り人
やっぱり秋田港セリオンしか知らないんだな
俺
うるせー!!

実際にセリオンに着いて海を見てみると濁りが強い…

海の状況

  • 釣り人の数
    約20名
  • まわりの釣り人がやっている釣り
    サビキ釣り
  • まわりの釣り人が釣っている魚
    アジ、サバ、真鯛
  • 海の濁り
    強い
  • ベイトの有無
    見えない
  • 主に使ったメタルジグ
    GUNGUNジグ、ジグパラ

セオリー通り、濁っているのでピンク系のジグで投げてみます。

ショアジギングって正確な場所に投げるより、飛距離を出すことが重要。飛距離を出すことで広い範囲をジグで探ることができるので釣れる確率も高くなるみたいです。

ペンデュラムキャスト

飛距離を出すためにはペンデュラムキャストって方法で糸を多めに出して、振り子の原理で竿のしなりをうまく使って投げます。

力任せに投げても飛距離は出ないみたいです。とは言うものの、実際にキャストしてみると全然飛ばない・・・

俺
イメトレではもっと飛んでたんだけどな

 

やっぱり力任せに投げちゃってる感じがします。無駄に力んじゃっているっていうか。

周りから見たら初心者ってバレバレだと思います。でもそんなことは気にしません。

 

あとジグをキャストしてから海底に着く「着底」の把握も重要らしい・・・着底したらできるだけ素早くしゃくり始めることで根掛かりがしにくくなったり、魚に見切られないみたいです。

 

着底を把握するためにはサミングと言ってラインが出るところに親指を軽く当てることでしっかり着底がわかります。最初はイマイチわかりませんでしたが、やっているとラインの出ていくスピードが急に止まるのでわかるようになってきました。

 

数えていたわけではないので正確にはわかりませんが、20回くらいキャストしたくらいですかね。

 

いつもと同じようにしゃくっていたら、急に重みがかかりました

この日は海藻やゴミ?のようなものが結構流されているので根掛かりか海藻が引っかかったみたいです。

 

・・・

 

いやいや、なんか動いてるw

なんか竿先から生命反応が感じられます。ショアジギングを始めて初めてかかった魚なので、この引きが大きい魚なのかなんてわかりません。

しかし、確実に何か掛かっている!!

 

とりあえずゆっくり巻いてきます。

 

巻き上げてくると・・・

 

 

秋田県秋田港セリオンにてショアジギングで釣ったヒラメ

ドーン!!

俺
まさかのヒラメっ!!

夏にヒラメが釣れた

こんなところでヒラメが釣れるなんて。サイズは小さいけど、はじめてのショアジギングでヒラメ釣っちゃいましたw

ジギングに興味を持ってみたものの「本当にこんな鉛の塊を動かしていて魚が食ってくるのか」って正直思っていました。だって色は塗られているけど、ただの鉛の塊ですからね!

 

事前に大きいサイズが釣れたときのために血抜きのやり方は勉強していたので、見よう見真似でやってみます。

エラにナイフを入れて…

 

一応、血が出なくなったので大丈夫だと思います。

俺
正直に言おう。自信はないっ!

そのあとも何度かキャストしてみたんですが反応なかったので今日は終了。ヒラメが1匹釣れたので満足!

釣りをしていた時間

約5時間

釣果

ヒラメ  1匹

ショアジギングで大事なことって?

ショアジギングで大事なことは以下になります。

  • 正確な場所にキャストするより飛距離を出す。
  • メタルジグが海底に着底したら素早くしゃくりを開始する。

もちろん他にも大事なことってあると思うんですが、初心者が意識するポイントはこの2つですかね。

ジギングは正確な場所にキャストするよりも飛距離を出すことが大事になります。より広範囲の魚にアピールすることができるからです。

あと着底後に素早くしゃくってボトムから上げること。そうすることで根がかりを軽減できたり、魚に見切られないようになります。

今回の釣りで自分は意識していてヒラメが釣れたのでやっぱり重要なことだと思います。いや~超楽しかったw

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら