実釣

10月にショアジギングで釣れる魚は鋭い牙を持つ魚だった…

~2017年10月~

10月に釣れる魚ってナニ!?

前回は奇跡的にショアジギングで真鯛をGET!

ショアジギングで真鯛が釣れる|ワンピッチからのゴンゴンゴンッ!!~2017年9月~ ついに奇跡が起こる!人生初の真鯛ゲットォー! 最近はなかなか釣果が伸びずヒットするのは地球ばかり...

今回は秋田県平沢漁港での実釣。この釣り場では全く魚が釣ることができてないので、何かしらの魚は釣りたいところです。

海の状況

  • 釣り人 7~8名
  • まわりの釣り人がやっている釣り ショアジギング
  • まわりの釣り人が釣っている魚 不明
  • 海の濁り 普通
  • ベイト(小魚)の有無 見えない
  • 主に使ったメタルジグ GUNGUNジグ、ジグパラTG(タングステン)

いつも通り右側の堤防に行ってみると7~8人くらい釣り人がいて全員がジギングをやっています。今まで本荘マリーナや西目、金浦、秋田マリーナ、秋田港セリオンで釣りをやってきましたが、こんなにジギングをやっているのは始めて見ました。

しかも結構年配でベテランの風格の方たちです。

パトランじぃ
パトランじぃ
ジグで釣れる魚の時期なんじゃないか?

ベテラン釣り師たちがショアジギング

いつもだったらエサ釣りをしている人は何人かいるんですが、ジギングをやっている人ってあまり見かけません。今の時期に何の魚が釣れるかイマイチわかりませんが、釣り人の状況を見る限りエサ釣りよりもジグで釣れる魚だと思います。

とりあえずベテランの方たちに混ざって釣り開始。自分には何の魚が釣れるのか全くわかりませんが、いかにも同じ魚狙ってますって感じでジャークします。

実際に魚がヒットしたらテンパってすぐに初心者ってバレるんですけどね…

変な釣り人
変な釣り人
なんで強がってるんだよw

もう魚を釣るというよりも、いかに初心者だとバレないようにするか。そのことしか考えていません。

周りに釣り人が居るとなんか緊張してしまいます。おそらく自分のやり方に自信がないからだと思います。

失敗したらどうしよう。このやり方でいいのか…とかいろいろ考えてしまうんですよね。

パトランじぃ
パトランじぃ
それを解決するにはたくさん経験するしかないな

そうこうしているうちにベテラン組の1人にヒット!ロッドがしなっています。

この時期に釣れる魚の正体は!?

ヒットした人は隣の釣り人にタモ入れしてもらっているので、たぶん皆さん知り合いなんですね。

ちなみに釣れていたのは、こんな魚

漫画の彼岸島にこんな鬼いたような…読んだことがない方はスルーしてくださいwww

あとで調べてみたらサゴシって魚みたいです。

出世魚で成長するに従って、サゴシ(40~50cm) → ナギ(50~60cm) → サワラ(60cm以上)と呼び名が変わるみたいです。

  • サゴシ
    49cmまで
  • ナギ
    50~59cm
  • サワラ
    60cm以上
パトランじぃ
パトランじぃ
出世魚の名前は覚えておこう

サゴシは鋭い牙があり、ラインを切ってしまうこともあります。くれぐれも口には注意してください。

サゴシは鋭い牙があるので気をつけてください

私はワンピッチでいつも通りのスピードでジャークさせていますが、ベテランの方達はとってもゆっくりのスピードで、竿を大きく上げ下げしています。

「サゴシはそういった感じでジャークしたほうがいいのか」って思い、マネをしてみますが全然食っこない。ってか釣れた途端にマネしてる時点で、初心者ってバレちゃっていますねw

ゆっくりのジャークにしてみましたが、食ってこないのでいつものワンピッチジャークに戻します。しかし何も喰いついてこないので、平沢漁港の左側の堤防に行ってみます。

右の堤防で釣れてるんだから左の堤防でも釣れるはずなので早速移動。

左の堤防に行くと…

釣り人が誰もいない。左の堤防のほうが高さが低いし、魚が掛かったときもやりやすそうですからね。

でも私の場合、周りの釣り人を気にしなくていいので誰もいないほうが好きだったりします。近くに釣り人が居たら鼻歌なんか歌えませんが、今なら普通に歌だって歌えちゃいます。

変な釣り人
変な釣り人
たぶん右側の堤防にいる釣り人に聞こえてるぞw

誰のことも気にしないでひたすら釣りをやっているのが最高に気持ちいい。そんな変態的な快楽に浸っていると急に

ゴンっ!

俺
よっしゃーなんか食った!

何かがヒット!!

結構引きは強いし重さもあり、アジやワカシなどの魚とは全然違います。やっぱジグには色んな魚が反応して食ってきます。

グングンという引きを感じながら足元まで巻いてくるとさっきベテランの方が釣っていた魚です。

俺
ついに自分にもサゴシがヒット!

しかし堤防から水面までは5mくらいあるし、最悪なことにタモを離れたところに置いてい待っている…

パトランじぃ
パトランじぃ
タモは近くに置いておかないと…

急に1人でテンパりますw

結構重いけどぶっこ抜くしかないかと思っていたら、痛恨のフックアウト…

俺
もったいない

せっかく食ってきたのにバラしてしまいました…かなり後悔。

俺
タモを近くに置いておけば良かった。ってか堤防から水面までの高さが5m以上あるとこで一人でタモ入れするのって、きつくねぇ!?いまさらだけど!

その後もキャストし続けるも喰ってくることはありませんでした。今回は体力の限界になったので終了します。

釣りをしていた時間

約6時間

釣果

0匹 (サゴシが食ってきたが足元でバラす)

サゴシもワンピッチで喰ってくる

大きくジャーク(しゃくり)をしなくても、基本のワンピッチジャークでサゴシは食ってきます。ジギングはそんなに頻繁に魚がヒットする釣りではないので、せっかくヒットしたならバラさず釣り上げたいですね。

今回は自分の判断ミスなので次回からタモは近くに置いておくことにします。高い堤防で1人でタモ入れするのは難しいので2人以上で釣りをするほうが確実です。

魚に喰わせるのは出来ているんですが、問題はタモ入れするまでですね。それが一番難しい気がします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら