実釣

冬にジギングって釣れる?寒すぎて指先の感覚ないけど検証してきた

~2017年11月~

冬のショアジギングって釣れるのか検証してみた

前回は秋田県の男鹿でショアジギングの実釣をやってきました。

男鹿でショアジギング|椿漁港と戸賀漁港で釣りをした結果…~2017年11月~ ついに男鹿でショアジギング 前回はサゴシがヒットしたんですが、痛恨のバラシでボウズという結果に終わりま...

11月の中旬になり、もうすぐ雪が降ってきそうな季節になりました。冬になると魚の活性が低くなり釣れる確率は下がってしまいます。

わからないことは自分で検証

自分は海釣りを始めてまだ経験が浅いため、冬に魚が釣れるのかどうかはわかりません。私の実体験として、寒くなるにつれて釣果は厳しくなってきているので、魚の活性も悪くなっているということだと思います。

冬は魚の活性が低くなる|魚が釣れない4つの理由冬に魚が釣れにくいワケ… 冬の釣りに行ってもなかなか魚は釣れない… 今回は冬に魚が釣れない4つの理由を紹介します。 魚...

でも、もしかしたら人間が寒くて釣りに行かないだけで釣れる可能性はあると思います。だったら自分で検証すればいい。ってことで実釣します。

海の状況

  • 釣り人  0名
  • 海の濁り  若干強め
  • ベイト(小魚)の有無  見えない
  • 主に使ったメタルジグ  GUNGUNジグ、ジグパラTG(タングステン)

状況は厳しい…

今回は秋田県の西目漁港で釣りをやっていきます。実際に釣り場に着いてみると、波が高い…(絶望)

変な釣り人
変な釣り人
冬には日本海は荒れるんだぞー

堤防の先端は波が被っているようで濡れています。こういう時は絶対濡れているところで釣りをしたらダメ。

高い波がきたら体をもっていかれてしまいます。だから波がかからない安全な堤防の先端から少し手前でやることに。

パトランじぃ
パトランじぃ
魚を釣ることよりも安全第一じゃ

デカい魚を逃がしてしまっても、また釣りに行ければもっとデカい魚が釣れる可能性がありますが、死んでしまったら当たり前ですが釣りはできません。

だからどんな場合でも身の安全が優先です。釣りに夢中になってしまうと周りの状況が冷静に見えなくなって危険を冒してしまうことがあります。

俺
俺も時々ヒヤっとするときがあるぞ

魚が釣れるのは沖とは限らない

水深の深い沖のほうが魚がいるからって堤防の先端を目指してしまうんですけど、意外と手前のほうにいたりします。浅いところにベイト(小魚)を追い詰めて捕食するときがあるので、意外と水深が浅いところでもヒットします。

ショアジギングでシーバスが釣れる!マズメは魚の食事タイム!~2017年7月~ ジグでフィッシュイーターを狙う! 前回は秋田港セリオンでヒラメを釣ることに成功。 http...

まずはGUNGUNジグをキャスト。風も強いので横風を受けない方向にキャストします。ちなみにジグはヒラメがよくヒットします。

堤防からフィッシュイーターがヒット_メタルジグでヒラメが釣れる~2017年8月~ 魚種豊かな西目漁港でジギング 前回は秋田県金浦漁港でヒラメをGET。 http://syo-ta....

そんなこんなで、ジグをキャストしていると指先の感覚がなくなってきました。ジギング用のグローブを着用しているんですが今は11月の中旬。

指先の防寒対策が盲点

このグローブは夏用の物だったので指先がめちゃくちゃ冷えます。サミングの感覚もほとんどないし、指先が思ったように動きません(絶望)

指先はもろに風を食らいますし、かなりキツイ…

変な釣り人
変な釣り人
ちゃんと準備しておけよ

防寒着はしっかり寒さ対策しているんですが、指先の対策がおろそかになっていました。

俺
次回の釣りまでには準備しておきます

指先の感覚がほとんどない状態ではありますが、せっかく海に来たのでひたすらジャークし続けます。まったく反応がありませんが、ショアジギングってそう簡単に釣れるわけではありませんからね。

困ったときのジグパラTG!!

こんな渋い状況でも釣果に期待ができるのがジグパラTG。飛距離も出るし、ヒット率もかなり高いです。

着底後に丁寧にワンピッチで魚を誘う。魚の活性は低いと思うので、ゆっくりとしたテンポでジャーク(しゃくり)していきます。

が、全く反応なしw

四時間くらいやり続けたんですが1度もバイトすることはありませんでした。釣りをしていた時間が少ないので言い切れませんが、やっぱり冬のジギングは厳しいということかもしれません。

釣りをしていた時間

約4時間

釣果

0匹

冬のジギングはやっぱり厳しいかもしれません

冬は魚の活性が低いので釣れる可能性は少ないと言えるでしょう。ベイト(小魚)の姿も確認できなかったし、水面をベイトが跳ねるということも一切ありませんでした。

11月なら夏用のグローブでもギリギリ耐えられましたが、12月以降は冬用のグローブじゃないと釣りにならないでしょう。しっかりと防寒対策してください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら