ショアジギング

【釣り】上達したいなら師匠をひとりだけ決めろ!それが唯一の近道

聖杯探しはもうやめにしよう!

ご覧いただきありがとうございます。

今年は青物の入りが遅くてあまり釣れていないらしい・・・

 

自分が海釣りを始めたときには友人がイナダを釣って「すごい引きだったよ」という話を聞いていた。

私はデカくて引きの強い魚が釣りたくて、サビキ釣りからショアジギングに転向したんです。

 

「だったら釣れる時期に沢山イナダを釣ってやる!!」

そう思っていたんですが、釣れたのはたった1匹のみ・・・

 

 

 

ぶっちゃけ、YouTubeを観るとショアジギングで青物は結構簡単に釣っているように思っていました。

青物がショアに近づいていれば余裕で釣れるだろう」って。

 

しかし、現実はそう甘くはありませんでした。

 

回遊しているのが見えても全然食ってこない・・・

 

 

私はあまり早くないジャークでやっているので青物に「小魚じゃない」って見切られているのかもしれません。「青物は早めのジャークのほうが食ってくる」みたいなので。

 

 

でも一年くらいショアジギングをやってみて、ゆっくりめのジャークのほうが色んな魚が食ってくるということに気づきました。

早いピッチでジャカジャカと巻いていると、やっている本人は「めっちゃジギングしてる」って思っているかもしれませんが実際のところ、なかなか魚は食ってきません。

 

 

青物なら食ってくるかもしれませんが、そこに青物がいなかったらなにも釣れません。

ボトムにヒラメがいても、真鯛がいても食ってくる確率は低いでしょう。

 

だったら「そこにいる様々な魚が釣れる可能性が高い、ゆっくりめのジャークがいいだろう」って結論になりました。

 

 

実際ワラサを釣ったときもゆっくりめのジャーク。

そして青物もヒラメも真鯛もシーバスも同じくゆっくりめのジャーク。

 

 

もちろん早いジャークも試してみたんですがイマイチでした・・・

 

 

だから私はゆっくりめのジャークでジギングしているし、このやり方である程度魚を釣ることができているので当分このやり方で経験値を積んでいくつもりです。

 

 

どうしてゆっくりめのジャークがいいのかっていうと、フォールによる食わせの間をしっかり取っているからだと思います。

始めたばかりの頃は色々ジャークのスピードを試してみましたが、早いジャークではなくフォールを意識するゆっくりめのジャークのほうが私の場合は食ってくる確率は高い印象です。

 

ネットを観るとジギングはフォールが大事って書いてましたが、私は実体験しないと信用できないタイプの人間なので鵜呑みにはできずにいましたが、本当にそうでした(当たり前)

 

今の時代、色々な情報がネット上に溢れています。

少し魚が釣れないって思えば違う釣りをやることも容易です。

でも情報過多なことが自分の軸をぶれてしまう原因になることもあると思うんです。

 

 

せっかく魚を釣ることができたジギングでも、ちょっと釣果がすぐれないと他の釣りをやってしまう人って情報に惑わされているんじゃないか?って思います。

 

 

エサ釣りでも泳がせ釣りをやったとしても、ジギングと同じように釣れないときはあるはずです。

なぜなら魚が食ってこないと釣ることはできないから

 

 

だからジグをやって「釣れないときはしょうがない」って感じでいいと思います。私がそうですし。

どこか自然相手の趣味なので自分がどんなに頑張っても結果が出ないときがあります。

 

釣れないときはジグのカラーを変えようが、ジグのタイプを変えようが、朝まずめだろうが夕まずめだろうが釣れないときは釣れません。

納得いかない気持ちもあるかと思いますが、プロの方でも中々釣れないこともあるんですから趣味で釣りをしている自分のような立場の人ならなおさら厳しいですよね(*´Д`)

だから釣れなくても「しょうがない」って思うことも継続していくには大事だと思います。

 

 

それよりも大切なのは「自分の現時点でのすべてを出し切って後悔しないようにやること」だと思います。

 

ある意味、自己満ですがw

 

でも仕事じゃなく趣味で釣りをしているんで、自己満でいいんですよ。

 

だから「釣れなかったらそれはそれでしょうがない」って感じで受け止めることが、釣りをしていく上で大切なんじゃないですかね。

完璧を求めすぎては続けることはできません(笑)

 

これまでの釣りで学んだことを実践して、自分の軸をブレさせないってことが大事なんじゃないですかね。

 

 

 

 

私なんか釣りに行けば、毎回が「思い通りにいかねぇなぁ」って自然の厳しさを感じていますよw

でもその経験を繰り返していくことでレベルアップしていくと思っています。

 

 

「だからショアジギングに興味を持ってやってみたけど全然釣れねぇじゃん」って感じている人はもう少し頑張ってみませんか?

 

俺も休日なのに必死こいてやってます。

嫌々じゃなく楽しくてやってるんですよ・・・(笑)

 

 

あなたがショアジギングで悩んでいる部分は、私も同じように頭を悩ませているはず。

壁にぶち当たるポイントって大体同じだと思うので。

 

 

ってことで、エサ釣りならエサ釣りでいいし、泳がせなら泳がせ、ジギングならジギングで自分のやり方を決めることが大切じゃないかと。

他の釣りもやってみたいならいいと思いますが、釣れないからってコロコロと他の釣りをするのはオススメしませんね。

 

 

 

少し釣れなかったからといって他の釣りをやってしまうような精神ではいつまで経っても釣ることはできないでしょう。

 

魚が釣れない

他の釣りに手を出す

魚が釣れない→他の釣りに手を出す

魚が釣れない

 

という最悪のループにハマってしまいます。

 

 

だから「俺はこの釣り方で勝負するっ!」っていう軸をしっかり決めましょう。

 

 

ちなみに私が海釣りを始めたときはYouTubeで勉強しました。

どんな釣り方があるのかもわからなかったし、海釣りに関して全くの無知だったんです。

 

でもなんでそんな私が最初からショアジギングで魚を釣ることができたのかというと・・・

 

一人、師匠を決めたから。

この一人ってとこがポイント!!

 

沢山の人を師匠としてしまうと、少し釣れなかったら「違う師匠のやり方を試そう」ってなってしまうからです。

 

自分が決めた、たった一人の師匠のやり方を忠実にマネします。

マネをするって聞くとあまりいいイメージが沸かないかもしれませが、何かを始めるときには自分より上手な人のマネをすることが上達の近道だと思います。

 

マネするために、何度もその人の釣り方を見て脳裏に焼き付けます。

  • 魚が食いついてきたときはロッドをどう動かしていたか?
  • 使っているジグのタイプによってしゃくるスピードが違うんじゃないか?
  • ドラグ調整はどんな感じにしているか?
  • 釣れないときは、プロでもなかなか釣れない
  • 魚が食ってきた後はどうやって釣り上げているか?
  • どんな服装で釣りをしているのか?

など一つの動画から様々な疑問や発見があります。

 

何度も釣れる動画を見ていると「自分も同じことをやれば釣れる」って気持ちになります。

洗脳みたいですがwww

 

でも自分はそんな感じで師匠のマネをしていたら実際釣れました。

もしかしたら「ただマネしているだけだろ」って思う方もいるかもしれませんが、最初は思いっきりマネをして上達してきたら自分のオリジナリティーを加えていけばいいんです。

 

だから初めは師匠を一人決め、自信を持ってマネしましょう!

 

 

それが私が実際に感じた、最短で魚を釣る方法です!!

 

まとめ

釣りをしていれば魚が釣れなくて「なんでだ?」って思うことは誰でも経験があるはず。

そんなときにコロコロと自分の釣りを変えてしまってはダメです。

 

ぶっちゃけお金も沢山かかっちゃいます( ;∀;)

 

 

自分はこのやり方なら自信があるって方法を、たった1つでいいので身につけることが大事。

 

そうするためにも師匠を決める!

そしてマネをする!

ひたすら繰り返す!

 

 

そうすることで最初は気付けなかったことが、どんどん気付けるようになってくるはずです。

 

そして問題点が出てきたら「今度はこうしてみよう」って感じで改善していくんです。

そうすることでどんどんレベルアップしていくと思います。

 

せっかくの休日に「そんな厳しい思いまでして釣りをしなきゃいけないのか」って思うかもしれませんが慣れてしまうとそれが普通になりますw

 

そして何より魚が釣れれば今までの努力が報われた感じがして苦痛は吹っ飛びます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら