ショアジギング

【釣り】ジギングで青物狙いのはずが・・まさかの真鯛が食ってきた!

〜2018年6月〜

今日は青物狙いだったが・・・

ご覧いただきありがとうございます。

今回もいつも通りに金浦、平沢、西目でショアジギングしていきます。

前回は念願の青物を釣ることができたので「もう1匹、いや2〜3匹青物釣っておきたいなぁ」って思い、青物狙いに行きます。

 

最近ではTG(タングステン)のメタルジグを使用することが多いんですが、トレブルフックを付ける部分がすぐ折れてしまってアシストフックだけしか付けれなくなってしまったジグがいくつかあります。

 

真鯛やヒラメなんかを狙うならトレブルフックはあった方がいいんですが、青物ならトレブルフックなしでも十分釣れます。

なので青物がショアから釣れる今の時期にトレブルフックが付けれなくなったジグの出番となりますw

 

ジグを使っていると岩や堤防にぶつかって、塗装が剥がれてしまうのってよくありますよね。

でも、意外と塗装の剥がれた鉛むき出しのジグでも普通に魚は食ってきますw

 

塗装の剥がれたジグで真鯛やアジも食ってくるんですね。

できることならしっかり塗装されているほうが釣れると思いますが「剥がれてるジグでも十分魚は食ってくる」ってことです。

 

 

とりあえず金浦からスタート。

金浦漁港はあまり水深が深くはありませんが、青物は入ってきています。小魚を食べているようでギラギラとフィッシュイーターの魚体が見えたので、すかさずキャスト。

 

 

 

トップ付近にいると思うので、水面近くをジャークさせてきましたが反応なし。

水面をタダ巻きしてみましたが反応なし。

ボトムに着底させていつも通りにジャークさせてみましたが反応なし。

 

 

俺のジグは完璧スルーかよw

 

見切られているのかもしれませんね( ˙-˙ )

 

 

ってか青物じゃなくてシーバスだった可能性もあります。

まぁどっちにしても反応してくれませんでしたw

 

 

「まぁそういうときもあるよな」ってことで深く考えずに釣りを続けます。

堤防の先端からキャストしますが、なにも食ってこない・・・

 

 

「うーん、なんか違うな」ってことで場所を変えます。

 

ダメなときに移動できるポイントがあるのって助かりますよね。

他に釣れるポイントを知らなかったら、全く釣れなそうな場所でやるしかないのでメンタル的にキツいです(苦笑)

 

 

ってことで平沢に移動。

初めて青物を釣ったのが平沢漁港なので期待大です!

他に釣り人の姿はなかったので堤防の先端でキャストします。青物釣ったのもこの場所から沖にキャストしたら食ってきました。

 

 

うーん、期待しているから長い時間キャストしているけど何も釣れません。アジの群れはたまに見えるんですが青物の姿は見えません。

 

 

「いやぁー釣りって難しい」

前回は釣れたからって今回も釣れるわけではないんですよね・・・

 

 

 

まだ西目漁港があるので移動しちゃいます。

 

西目漁港に着くと堤防の先端付近に釣り人あり。ジギングとアジの泳がせをやっているみたいでした。

 

堤防の先端には先客がいるので横方向にキャスト。

 

ゆっくりジャークしていると重みが乗りました。根がかりとか海藻ではなく間違いなく魚。

 

でもそこまで重くはないし、ドラグが出ていくほどでもありません。「なんの魚が釣れるのかなぁ」ってウキウキしながら巻いてきたら

 

 

 

 

 

まさかのダツw

 

 

しかもデカいw

 

1mくらいありそうw

 

デカい魚釣りたいけどダツはあまり嬉しくないなw

あまり美味くないって話だし・・・

 

 

てかクチバシはめっちゃ硬い!

小魚の鱗がキラッと光ると反応して突進してくる習性があります。

夜釣りをしているとヘッドライトに向かって飛んできて、目に刺さってしまうこともあるので非常に危険な魚です。

 

もし釣れた時は硬いクチバシに気をつけてください(@_@)

 

とりあえず美味くはないってことなのでリリース。

 

硬い口には掛からずに、腹にフックが刺さっていました。ジグのキラッとした光に反応して突進。そして腹に掛かったみたいです。

 

 

 

そのあとは全く釣れる気配がなかったのでもう一度、金浦に戻ってみます。

 

朝やっていた堤防に行くと、エサ釣りでアジを釣っている方がいました。

話を聞くと「今日はほとんどアジが釣れない」とのことでした。

 

アジがいなかったら青物も厳しいかもしれません。

 

 

堤防からTGのゼブラグローで釣りをしていたんですが、全く釣れません。

なので40gのピンクカラーのジグにチェンジ。これはアシストフックも付いています。

 

 

テトラに上がり、キャストしてゆっくりジャーク。

 

 

するといきなり

 

 

ゴンッ!

食ったでぇー!!

 

 

すぐにドラグが出ていきました。

 

 

「やっぱり青物いるやーん」

てかこの間釣ったワラサより引きが強いw

 

糸を巻き取って竿を上げると、その分ラインが出ていきます。

 

最高の瞬間(о´∀`о)

 

重くて片手で竿を上げることはできません。左手を添えて竿をあげてリールを巻きますが、どんどんラインが出ていきます。

そんな攻防を4〜5分くらいやっていたらあまり引かなくなってきました。

 

 

 

「このときを待っていた!」

どやぁ~・・・

 

 

 

疲れてほとんど動かなくなったらこっちのもの!

 

 

手前まで来てるけど、なかなか姿が見えない。

もうどんなデカい青物なのか、早く見たくてたまりませんw

 

やっとのことで水面付近に上がってきたら、お腹の白い部分が丸い。

 

あっ!

もしかしてエイ釣っちゃった?

 

青物だったら細長いはず・・・( ;∀;)

 

 

さらにリールを巻いて寄せてくると・・・

 

 

 

今度は赤い・・・

 

 

 

まさかのマダイかよっ!!

 

しかも、かなりデカい!!

 

 

 

 

「嘘だろ〜wwww」

 

マダイは3段引きで、ゴンッ、ゴンッ、ゴンッって叩くような引きって言われますが、叩くとかじゃなくめっちゃ走ってましたw

デカくてトルクがあるからなのかもしれません。

 

以前釣ったマダイは46cmでしたが、それよりも全然デカい!

 

60cm以上はありそう!

 

 

私は興奮マックスでございます。

青物狙いでしたが、ぶっちゃけマダイのほうが嬉しいです。

 

 

テトラから水面までは結構高さがあります。でもフックはしっかり口に掛かっています。

 

これはタモ入れミスられません!

 

 

 

 

 

手間まで来たのでタモ導入!

 

 

 

 

・・・

 

 

 

しかしうまく入らない!

 

 

 

「やべー」って思っていたらテトラの隙間に潜って行ってしまいました( ;∀;)

 

 

 

 

 

テトラには海藻も付いていて、引っ張ってもマダイは上がって来ません。

 

ドラグは出ていくけど、リールを巻いても全然巻けてこない(絶望)

 

俺やっちまいました・・・

 

 

 

3分くらいテトラの隙間に入ったマダイと格闘していると、テトラにラインがジリジリと当たっている感覚がわかりました。

 

「これ完璧あかんヤツや・・・」

 

 

マダイが下に潜り込んでいった瞬間に

 

 

 

 

 

「ブチンッ」

 

 

 

ついにラインが切れてしまいました。

 

 

もう絶望

 

 

ショアからジグでデカい真鯛が食ってきて、あとはタモ入れだけってところでミスって釣り上げられませんでした。

 

 

もう泣きたいくらいです。

自分を責めてしまいます。完璧に自分のミスが原因です。

 

 

高さのあるテトラでタモ入れは難しいかもしれませんが、「テトラの隙間に入り込むかもしれない」って危機感は全くなかったんです。

本当無知でバカでした。

 

 

現実をすぐに受け入れることはできないので、とことんヘコみます。

 

 

ラインを結び直して、再びキャスト。

もしかしたらさっきのマダイが食ってくるんじゃないか?

 

 

しかしマダイが食ってくることはありませんでした。

 

 

 

 

食ってきたのは、小さいアジ。

 

 

 

「今はアジじゃねぇんだよ!」

ぴぁー!!

 

 

アジは全く悪くないのにイラッとしてしまいました。アジさんごめんなさいm(_ _)m

 

 

まだ現実を受け入れることは出来ませんが、魚を釣るためにはひたすらキャストしてジャークするしかありません。

 

 

 

 

反応がなくなったので平沢に移動します。

 

以前青物が釣れたポイントから、ひたすらキャスト。何回もキャストしてジャークの繰り返し。

ジギングしたことがない人からしたら「そんなに動いてキツいだろ」って言われることがありますが、自分はそんなことありません。

 

たしかに暑い日にひたすらジャークしているから汗だくです。でも魚が自分のジグに食いついてくることを考えると全く苦ではありません。

 

 

 

ジャークしていても全くアタリがない。

まだマダイを逃してしまったことを後悔しているので、そのことばっかりを考えてしまっています。タモ入れを失敗したことは、もう2度と起こさないように行動を変えていく必要があります。

 

 

 

自分のミスで逃してしまいましたが、ジグに食ってきたのは事実。

自分で言うのもおかしいですが、自分が動かしているジグに魚がちゃんと食ってきた。その点は自信を持っていい部分だと思うんです。

 

 

そんなことを考えならがジャークしていると

 

 

 

 

ゴンッ!

 

 

 

 

岩に根がかりしたような強いアタリ!

 

「今度こそ青物!」

フンガァー!!

 

100%中の100%ぉ~!!

 

 

 

魚が抵抗してラインに負荷がかかった瞬間・・・

 

 

 

 

 

ブチンッ・・・

 

 

 

 

痛恨のラインブレイク・・・

 

またやらかしました。

 

 

ラインを回収すると、切れたのはリーダーに近いPEラインのあたりでした。

魚を釣ることばかりに気を取られて、PEラインが擦れていることに気づいていなかったみたいです。

ジグをキャストした時なんかにも結構PEラインが切れることがあったのでもっと強度の高いPEに変えたほうがよさそうです・・・

 

あの強いアタリはとりあえずデカい魚だったと思います。

 

 

 

今までジギングで何匹か釣っていますが、デカい魚はアタったときの重さである程度わかりますね。

 

そこまで大きくない魚だと竿もしなるし重みもかかりますが、少し引っ張れてくるのでそこまで強烈なアタリではないんです。

でも大きい魚だと重いのでアタリの瞬間に「デカい岩に根がかりしちゃった」ってくらい強烈な感覚が身体に伝わります。

 

毎回その感覚を味わいたいって思いますが、なかなか大きい魚は食ってこないしボウズの日も頻繁にあるくらいですから(@_@)

私の場合はですがw

 

 

 

薄暗くなってきたので、今回は以上で終了です。

 

デカい真鯛が掛かったって言ってますが、釣り上げることが出来ずに写真もありません。

魚を足元まで寄せてきて、魚体をしっかり確認できてはいますけど、1人なので写真を撮る余裕なんてありません。

 

 

でも金浦にはデカい真鯛もいるし、やっぱりジグでも十分食ってきます。

 

 

今回は反省することばっかりでした・・・

 

 

安全運転で帰宅します。

 

 

釣りをしていた時間

約10時間

 

釣果

ダツ  1匹

アジ  1匹

 

今回の気付き

今回釣ることはできませんでしたがジグにはやっぱりマダイも反応します。

なのでショアからでも十分真鯛を釣ることは可能。

今回は自分のミスで釣ることはできませんでしたが「今後も同じようにジャークしていれば食ってくる」ってことなので今度はしっかり釣りたいと思います。

 

ネガティブに捉えがちですが、もし今回スムーズにマダイをタモ入れ出来て釣ることができたとしても、このミスはいずれやってしまいます。

デカい真鯛を逃したのはめちゃくちゃショックですが、自分のダメな点を知ることができたし今後は同じミスをしないといいわけですからね。

 

早めにミスっておいて良かったかな(強がり)

 

またワンステップ成長できたって思えば(;’∀’)

 

せっかく魚が食ってきてもPEライン切れてしまって釣ることはできません。

数少ないチャンスはモノにしないともったいない・・・

 

あと「PEが擦れた」って感覚があったら確認した方がいいですね。

キャストした段階で切れる場合もあります。

テトラにラインが擦れないように気をつけるのと、PEラインをもう一度検討したほうがいいって感じました。

 

 

またそのうち真鯛が食ってくると思うので、釣ったら絶対記事にします(*‘ω‘ *)

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら