ショアジギング

実際やってみて感じた_ショアジギングの5つのメリットを解説~

 

ショアジギングのメリットって?

ご覧いただきありがとうございます。

海釣りと言っても様々な釣りがありますよね(。-`ω-)

 

サビキやフカセなどのエサ釣り。

メタルジグやミノーなどのルアーを使って釣る方法。

釣ったアジをエサにしてフィッシュイーターなど比較的大型の魚を釣ることができるアジの泳がせ釣り。

 

ざっと挙げてみても色んな海釣りの方法があります。

 

これから海釣りを始めようと思ってもどの釣り方で始めればいいのかわかりませんよね。

 

 

自分がやっている釣りはメタルジグというルアーをしゃくって、弱った小魚の動きに似せて魚に食わせて釣る方法。

いわゆるジギングです。

ジギングの中でも船に乗って沖にも行かずに陸(ショア)からキャストして釣るショアジギングをやっています。

数ある海釣りの方法の中でどうして私がこのショアジギングをやっているかと言うと・・・

 

 

 

面白そうだったからですw

単純に「このやり方で魚が釣れたら楽しいだろうな」って思ったからショアジギングをやっただけです(*´ω`)

 

 

エサ釣りだったらどうしてもエサ次第な感じがしてしまうんですよね。もちろんタナを合わせたり、潮の流れを読んだりとテクニックは必要です。

 

ジギングもメタルジグ次第ってところはあるかもしれませんが、どんなジグでも釣ることはできます。

 

塗装が剥げてしまったほぼ鉛のジグでも魚は食ってくるのでw

 

自分のしゃくり(ジャーク)の動きに魚が騙されて食ってくるので、自分のジグの動かし方次第で食ってくるということ。

 

先ほどもいいましたが、ジグ次第って考え方もできますがジグにあったジャークのやり方をすることも重要です。

ジグの形によって水中を落ちるスピードが違うのでジャークのテンポも少し変える必要があると思います。

ちゃんと魚が食ってくるようなジャークをしないと食ってこないわけですからね。

 

ではさっそくショアジギングのメリットについての紹介していきます。

 

軽装で出来る

実際ショアジギングをやってみて、エサ釣りをしている人よりも釣りに持っていくモノも少なくて済みます。

ショアジギングだったらタックル、タモ、クーラーボックスがあれば十分です。

 

この持っていくモノが少なくて済むってことは結構なメリットです。

海釣りをしていれば車を降りてから釣りをするポイントまで結構な距離を歩かなければいけないことがほとんどです。その距離を往復するとなると身軽な方がいいですよね。

足場が悪い磯を歩かなければいけないってなると、なおさら大変です。

 

すぐ移動できる

釣り場を変えるとなったらすぐに移動できるのもショアジギングのメリットです。

エサ釣りだったら中々そう簡単にはいきませんがジギングだったらジグを外すだけですぐに移動可能

釣りを開始したけど「この場所今日は生命感もないから微妙だなぁ」って時があると思うんですけど、そんなときでもソッコー移動できるんです

 

手返しがいい

エサ釣りだったら一度キャストしたらまたエサをつけたりしなきゃいけませんが、ジギングはラインを巻いたらまたすぐにキャストすることができるし、すぐにボトムを取ることもできるので手返しもいいです。

 

フグなんか気にしなくていい

エサ釣りであればエサ取りの存在は厄介ですよね。大量にいるフグばっかりにエサを食われてしまい、釣れるのもフグのみ・・・

狙っている魚にエサが届く前に食われてしまったら、お目当ての魚は釣れません。

 

一方のジギングはフグを気にする必要はありません。

たまにジグにもフグが食ってくることがありますが、ジグが無くなるわけでもないので痛くも痒くもありません

 

 

フグがいても気にしなくていいってのは結構なメリット。

エサ釣りをしている人にしてみればエサ取りはかなり迷惑なものですからね・・・

 

純粋に面白い

あとショアジギングのメリットというか醍醐味はやはり自分の動かし方で食わせるというところですかね。

最初は「本当にこんなんで魚が食ってくるのかよ」って思っていました。

 

でも本当に食ってきます!生きたエサではなく鉛の塊を魚だと思って食ってくるんですよ。

面白くないですか?(*゚∀゚*)

 

 

ジャークしていると急に重みがかかる瞬間がたまりません(*゚∀゚*)

あの感覚をもう一度味わいたいって思っちゃいますよね〜(o^^o)

 

しかもジギングは釣れると比較的大きい魚が釣れるってのもいいですよね。

あと何の魚が釣れるかわからないので、上がるまで「何が釣れるんだ〜」ってワクワクしちゃいます。

 

そんなジギングですけどやってみて、敵わないなって釣りがあります。

 

 

それは

 

 

泳がせ釣りです。

 

 

釣ったばかりの新鮮なアジに針を掛けて泳がせる。そのアジを食ってきたデカい魚を釣り上げるやり方です。

 

実際ジギングをやっていて全く反応がなくても泳がせ釣りをしている人は釣れたりしています。

反対に泳がせ釣りをしている人が釣れていなくて、ジギングをしている自分が釣れているときは、まず無いですw

たまたまかもしれませんけど、それだけ泳がせ釣りは魚が釣れちゃうってことです。

 

実際に生きてる魚には敵いませんよね。

 

 

 

そんな最強の泳がせ釣りですが・・・

 

 

今のところ、自分はやろうとは思いません。

 

本物のエサじゃないルアー(ジグ)を自分で動かして釣るのが楽しいんですよね。

 

私の場合はですから、泳がせ釣りをしている人の批判をしているわけではありませんからねm(__)m

「泳がせ釣りをしながらジギングをやれば効率いいなぁ」って思っちゃうことはありますけどね(笑)

 

もしかしたら今後やるかもしれません(*´ω`)

 

 

今のところジグをやって釣れなかったらその日は素直に諦めます(^^)

 

 

最後に

とても簡単にですがショアジギングのメリットについて紹介しました。

 

これから海釣りを始めようと考えているのであれば、ぜひショアジギングも検討してみてはいかがでしょうか?

 

実際に魚が釣れてしまえばハマってしまいますよ(´⊙ω⊙`)

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事はこちら