メタルジグ

【海釣り雑談】釣りで1番重視しなければいけない道具はPEライン!

ショアジギングで1番重視するべきは・・・PEライン!

ショアジギングをやっていて必要な道具って色々あります。

ロッド、リール、ライン、メタルジグ、タモなど魚をするためにはどれも必要不可欠。

 

その中で私が1番重視しなければいけない道具はPEラインだと思います!

順番に説明していきます。

ロッド

もちろん安いロッドよりも高いロッドのほうが軽量化されていたり高強度のカーボン素材で作られていたりと魅力的。

ショアジギングだと基本ジャークさせて魚を誘うので、ロッドが軽いと体力的に楽だし集中力も落ちないので長時間釣りができます。

でもショアジギングを始めたばかりの方であれば1万円くらいのロッドでも十分使えるし、使い方を間違えなければ折れることもまずありません。

 

リール

リールもロッドと同じく高価なものになると軽量化されているので疲れにくい。

また巻き心地も滑らかでストレスが少なかったり、いざ魚が掛かったらドラグが出ていきますよね。その時にも滑らかにラインが出ていってくれるのでラインブレイクすることが少ないというメリットがあります。

しかし1万円以内の高くないリールでも全然問題なく使えます。

 

メタルジグ

これは重要。

カラーは好きな色のジグを何種類か持っているほうがいいですね。

カラーを変えたからといって釣れるとは限りませんが「このカラーで反応がないから違う色のジグでキャストしてみよう」って感じで精神的に心が折れにくくなるような気がしますw

1種類のカラーしか持っていなかったら、そのジグで反応しなかったら釣ることは厳しい・・・

だからすぐに釣りを諦めてしまうことになってしまうように思います。

 

「他のカラーに変えることができる」という選択が大事な気がします。

そうすることで自分の中で試行錯誤しながら、なんだかんだとジグをキャストし続けてやっと魚が釣れるって感じですかね(。-`ω-)

 

私のおすすめカラーを紹介しておきます。

  • ブルーピンク
  • イワシカラー
  • ゼブラグロー
  • レッドゴールド

私は大体、このカラーをメインにキャストしていますが、中でも1番オススメはゼブラグロー。

 

朝まずめと夕まずめの薄暗いときに効果を発揮するカラーと言えます。

 

あとジグの重さも様々なグラムを用意していたほうがいいでしょう。

軽いジグだと潮の流れが強いときは着底がわかりません。

ロッドに合っていない重さのジグをキャストしても飛距離が出なかったり、ロッドやラインに負担がかかってしまいます。

 

私が実際に使ってみて自信を持ってオススメできるメタルジグはジグパラのスローとジグパラのTG(タングステン)ですね。

ぶっちゃけこの2種類あれば十分な気がしますw

 

スロージグ

スローの方はジグの後方が重くなっているのでキャストした時に飛距離が出ます。

普通にジャークしていてもいいし「今日は渋い」って思ったらただ巻きでもめちゃくちゃいい泳ぎをしてくれますw

 

関連:【釣り】青物にはスロージグ!?ただ巻きで追いかけてくるジグだった

 

 

TG

一方のTG(タングステン)はと言うと、普通のジグは鉛でできているんですが、鉛よりも比重の重い金属でできています。

「それのなにがいいの?」っていいますと、小さなシルエットなのに重いジグをキャストすることができちゃうんです!

小さいシルエットなので活性があまり高くない魚も食ってきます。

普通のジグをキャストして反応がないから、小さいジグ試そうと思っても小さいジグは軽いのでロッドに合わない重さで飛距離が出せなかったり、着底がわからなかったりします。

でもTGなら小さいシルエットだし、重さもあるので飛距離も出せちゃいます。

てか普通のジグよりも全然飛距離が出ますw

 

おまけにシルエットがコンパクトなのでキャストしたときの着水が静かなので、魚にストレスも与えないと言うメリットもあります。

 

実際にショアジギングをやってみて、スロージグとTGをひたすらキャストしてみて釣れなかったら「今日は釣れない日なんだ」って諦めがついちゃうくらいですw

 

それくらいこのジグを信頼しています(; ・`д・´)

 

タモ

私はショアジギングを始めたばかりの頃は「タモなんかいらないだろ」って普通に思っていましたw

でもその考えが非常識だったことに気付いたのがシーバスが掛かったとき・・・

 

 

関連:【釣り】ショアジギングでもシーバスが釣れる!シーバスの聖地|本荘

 

 

サーフや水面から足場までの高さがほとんどない場所であればタモなしでも上げれるかもしれません。

でも堤防で釣りをするとなると2〜3mくらいの高さがあることがほとんどだと思います。

高いところでは5m以上の高い堤防も普通にありますが、あまり高いところで釣りをしていたら万が一のときに危ないし、タモ入れも難しいです。

タモの長さが長くなるにつれて操作はむずかしくなります。

 

てか全然思ったように動かせませんw

 

だからタモは高価な物は特に必要なく、5mの長さがあれば十分だと思います。

タモの形は丸型やオーバル型、6角形がありますが自分が気に入ったものでいいでしょう。

 

折りたたみ式とワンピース形がありますが、私はワンピース形をオススメします。

 

折りたたみ式はコンパクトに収納できますが、強度があまりないし、壊れやすいです。

一方のワンピース形は折りたたむことができないので車で持ち運びするときに場所を取ってしまいますが強度が強く、壊れにくいというメリットがあります。

 

なので5mまで対応できるワンピースのタモがあれば十分でしょう。

 

PEライン

私はショアジギングをしていく上でこのPEラインが一番大切だと思っています。

 

ロッドやリールは一万円くらいの物で十分対応できるし、普通に使っていればすぐに壊れることもありません。

 

竿先をドアに挟んじゃった!ってことになれば当然折れてしまいますが、そういうことがない限りちゃんと魚を釣ることは可能です。

 

メタルジグに関しても何度も諦めずにキャストしていれば、魚の活性が上がったときに食ってくることもあります。

 

タモも十分な長さがあれば仕事をしてくれます。

 

でもラインに関しては、強度がない安いものを使っているとキャストした時に「ブチンッ」と切れてしまうこともあります。

そうすることによって700~1400円くらいするジグをロストしちゃうんです。

そのまま強度がないPEラインを続けて使用していると、また同じようなことが起こります。

 

何度もジグをロストしてしまうと金銭的にもかなりのダメージになってしまいます(; ・`д・´)

 

あとラインが切れてしまうと、またリーダーを結ばないといけないので時間を無駄にしてしまいます。

せっかくの休日で台風もこない、今日は天候も釣り日和!

そんな奇跡的な一日なのに、何度もリーダーを結び直しているのはかなり勿体ない・・・

 

時間はお金では買えないので最初から強度のあるPEラインにしていたほうがいいでしょう。

 

 

 

あと何より釣りに来ているんだから魚を釣りたいですよね(。-`ω-)

渋い状況だけど6時間くらい粘ってようやく大物が掛かったっ!!

 

ってときに強度がないラインを使っていたせいで切れてしまったら・・・

 

私なら後悔します・・・

 

ってか実際に経験したことがあるからです・・・( ;∀;)

 

 

関連:【釣り】ジギングで青物狙いのはずが・・まさかの真鯛が食ってきた!

 

 

少しでもお金を掛けたくない気持ちから、PEラインを安いものにしていました。

しかし長期的にみると、ラインがすぐに切れてジグを何個もロストしてさらにお金がかかってしまいました・・・

そしてせっかくデカい魚が食ってきたのにラインブレイクしてしまいました( ;∀;)

 

このブログを見ていてくれている方には、私みたいな思いはしてほしくないです(´・ω・)

 

 

だからせめてPEラインは強度のあるものにして下さい。

 

と言ってもめちゃくちゃ高いものは必要ないです(。-`ω-)

 

4本編みではなく8本編みのPEにすることです。

8本編みのPEにすることで値段は高くなってしまいますが、長期的に考えた場合はお財布に負担が少ないと思います。

 

ちなみに現在私が使っているのが

よつあみ(YGK) ライン G-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号(30LB)

よつあみ(YGK) ライン G-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号(30LB)

8本編みと言っても値段は3000円しないくらいです(´・ω・)

 

 

ショアジギングをやっているけどすぐにラインが切れてしまうって方はこの際8本よりのPEラインを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回は私がショアジギングをやってみて、PEラインの重要性を痛いほど感じているので記事にしてみました。

4本編みから8本編みにすることで強度が強くなるのでオススメします。

 

8編みと言ってもPEラインなので擦れには要注意。

テトラに擦れてしまうと切れる原因になってしまいます(; ・`д・´)

 

「擦れてしまったなぁ」って時は早めにPEを切ってリーダーを結び直しましょう。

せっかく魚が掛かったときに切れてしまっては後悔してもしきれないですよね( ;∀;)

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら