サゴシ

【釣った魚を料理】今が旬!簡単にサゴシの西京焼きを作る!

金浦漁港でショアジギングで釣れたサゴシ!

ご覧いただきありがとうございます。

今回はサゴシを使って西京焼きをやっていきます。

 

関連:【釣り】10月はサゴシが激熱!まさかの1投目からゴールデンタイム

 

 

釣ったサゴシは血抜きをしてからクーラーボックスでしっかり冷やして自宅に持って帰ります。

アジなど小さい魚の場合は血抜きをする必要はありませんが、ある程度のサイズの魚を釣ったらしっかり血抜きをして持ち帰りましょう。

 

自宅に着いたら、まずはウロコから取っていきます。

サゴシは一見ウロコがなさそうに見えますが、小さいウロコがあるみたい。

包丁で取ってもいいですが、オススメはペットボトルのキャップを使って取る方法。

キャップのギザギザしたところを魚体に擦ることでみるみるうちにウロコが落ちていきます。

 

ウロコをしっかり落としたら、次は頭を落として、内臓も取り除きます。

せっかくだから胃袋にも包丁を入れて、ベイト(餌の小魚)は何なのか確認するのも面白いです。

消化されかけている小魚やイカが出てくるときもありますw

 

関連:【釣り】ゴールデンタイム突入!ショアジギングでワカシフィーバー!

 

 

背骨の所に血合いがあります。

骨に沿って包丁を当ててしっかりと洗い流します。

血が残っていることで臭みのや傷みやすくなる原因になってしまいます。

 

血合いを落としたら三枚おろしをやっていきます。

背ビレから包丁を入れてあげて、背骨に沿って切っていきます。

ある程度切ったら今度は腹側から切っていきます。

あとは包丁を魚の背骨に沿って切って、半身の完成。

もう一度同じようにやっていくことで身が2枚と背骨に分けることができるので三枚おろしができました。

 

腹骨があるので包丁で、すいていきます。

なるべく身を削がないように腹骨だけすいていく。

 

そして食べやすい大きさに切ってあげましょう。

 

魚の水分をキッチンペーパーでしっかりとふき取ります。

そのあとで塩をまぶしていきます。

なぜ塩をまぶすのか?というと魚の水分を出すことができるからです。

そうすることによって魚の臭みを取ることができ、旨味が凝縮されるんです。

是非この工程はやってください。

 

こんな感じ。

キッチンペーパーで水分を取ってから塩をまぶして30分くらい放置します。

すると魚から水分が出ています。

見にくくてすいませんm(__)m

 

 

三枚おろしが出来たら西京焼きに使う味噌をつくっていきます。

 

必要な物

  • 味噌  200g
  • 酒   大さじ1
  • 砂糖  大さじ1
  • みりん 大さじ2

 

これをしっかりと混ぜて西京味噌を作ります。

 

そして塩で水分を出した魚の切り身を一度洗ってキッチンペーパーで水分を取ります。

魚の切り身に先ほど作った西京味噌のまんべんなく塗っていきます。

 

そして1日寝かせます。

こんな感じになりました。

 

切り身についた味噌を水で洗っていきます。

味噌がついていると焼いたときに焦げる原因になってしまいます。

こんな感じ。

味噌につける前と比べて色がついていますね(*´▽`*)

こりゃしっかり漬かってるぞい(*´ω`)

 

ではいよいよ焼いていきます。

 

焦げるといけないので中火で焼いていきます。

 

裏表をしっかり焼いて出来上がりっ!!

 

おおぉ~初心者ながらいい感じwww

 

 

いざ、実食っ!!

 

 

いい感じに焼けています。

 

おいしいだけど・・・

 

 

しょっぱいwww

全部食べるとなるとかなりの塩分になっちゃいそうですね(; ・`д・´)

 

うーん・・・

お茶漬けにして食べてみたんですが非常においしく頂けました(*´▽`*)

 

サゴシは3匹釣れたので半分くらいは冷凍にしています。

近々塩焼きにして食べたいと思います。

 

初心者でも出来ましたwww

自分は海釣りを始めてから魚をさばくようになって、料理も少しずつするようになりました。

いわゆる初心者です(*´ω`)

でも魚が捌けなかったり、料理ができない人でも海釣りにハマってしまえば「せっかく釣れたんだから食べよう」って考えると思います。

自分がそうだったので(´・ω・)

 

私も超初心者なので、少しずつ成長出来ればいいって思っています。

数年後には立派に捌けて、料理できているのが理想です。

できるかどうかはわかりませんがwww

 

また釣りに行って魚が釣れたら料理の記事もアップしていくのでよろしくお願いします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。