私生活

【パチンコ】期待値がパチスロで勝つための武器!トータルでプラス!

仕事しながらパチスロで副収入GET!!

ご覧いただきありがとうございます。

今回は海釣りを始める前の話をしたいと思います。

釣りとは全然関係ないので興味がない方は飛ばして下さいm(._.)m

 

海釣りを始めるまえにのめり込んでいたもの

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

パチスロ。

 

「おいおい、ただのギャンブル依存症じゃねぇかw」

 

「そうです!依存症でしたw」

 

世間一般的には「毎日のようにパチンコ屋に行っている」って聞いたら、ろくでなしって感じがします。

今思うとたしかに、ろくでなしでした。

なんだかんだで8年くらいは勝ったり負けたりを繰り返し、一喜一憂する日々。

勝っていれば「調子がいいからまだ勝てる、負けていれば取り返しに行かなければいけない」そんないい訳を作って、ひたすらパチンコ屋に通っていました。

いわゆる一般的なパチンコ屋にいるお客。

給料を貰ってから2日後にはお金がない!なんてことも何度かありました。

勝つときもあれば、負けるときもある。

しかし、トータルで見たときにかなりマイナスの収支になっていました・・・

 

 

ハイエナ!?

そんな中で見つけたのがパチスロの天井、ゾーン狙いをするハイエナというもの。

期待値がプラスの台だけを狙い撃つというものです。

 

ちなみにハイエナをするためには期待値がプラスの台だけを打つということ。

期待値がプラスとは1回や2回打った結果ではなく1万回、10万回など試行回数を行ったときにプラスになるかどうかってことです。

 

1万回、10万回と試行回数を行うのは何故か?

それは運(ヒキ)に左右されないように期待値を収束させるためです。

わかりづらいとは思うんですが、期待値の考え方はざっくりこんな感じ。

 

パチスロで「トータル的に勝ちたい」って思うのであれば、この期待値の考え方は絶対必要。

これがパチスロで勝つための強力な武器になります!!

ってか唯一の武器です。

 

 

適当な台を打って10万勝った!!

それはただの結果。ヒキが良かっただけ。

期待値がマイナスであれば、同じ条件の台を1万回打ったとしたらマイナスになります。

 

逆に期待値がプラスの台を打って2万負けることもあります。

しかしそれはヒキが悪かっただけ。

期待値がマイナスであれば、同じ条件の台を1万回打ったとしたらプラスになります。

結果負けてしまっていますが、全然後悔することではないんです。

負けてはいても、期待値プラスの台が打てているので正解。

 

期待値がわかっている人じゃないとこの考えにはなりません。

打つ前に勝てる台なのか判断できるのが期待値ということ。

この期待値がわかって、期待値プラスの台を見つけることが出来れば正直勝てます。

 

期待値の考え方がわかっていればヒキがいい、ヒキが悪いなんて気にもしなくなります。

キツイ言い方になってしまいますが、ヒキで勝とうとしている時点で負けてしまっています。

 

そんなことを言っている私も当時は期待値の考え方なんて知りませんでした。

好きな台を朝から晩まで打っていました。

パチンコであればまぁまぁ回るからこの台で勝負。

パチスロであればデータを少し見て、好きな台をぶん回す!みたいな感じw

今思えばそんな打ち方で収支がプラスになる訳はないんですが、そのときは気付きませんでした・・・

 

 

しかし、せっかくやっているパチスロで収支をプラスにしたいっ!って思いパチスロのハイエナを始めました。

 

 

 

 

が、しかし、

勝てる台よりも自分は他の台が打ちたい・・・

 

その衝動は中々抑えられるものではありません。

今までは好きな台を気分任せに打っていたのが、自分は好きではない台を打たなければいけません。

もうストレスなんです。

 

 

 

でもひたすらハイエナを続けていきました・・・

 

 

人間って自分の都合のいいように嘘をつくことができる。そして、今の時代はわからないことがあったらネットを使って調べるじゃないですか。

でもネットの情報も絶対本当なんて証拠はありません。

嘘の情報って可能性だってあるんです。

ネットの情報だって人間が発信しているわけですからね・・・

自分自身、周りの人間から嘘をつかれることに嫌気がさしていました。

もしかしたらハイエナが勝てるってのも嘘かもしれない・・・

そういった思いがよぎります。

 

 

だったら自分で確かめてみればいい。

ハイエナは勝てるっていう情報が嘘じゃない!って証明したかったのかもしれませんね。

そんな思いでハイエナを続けていたんです。

 

仕事が終わってからもパチンコ屋に出勤。

休みの日にもパチンコ屋に出勤。

閉店前にデータを見るためにパチンコ屋に出勤。

 

 

毎日勝てているわけではありませんが一日単位ではなく月単位で見たときに、ほぼ毎月プラスに持っていくことができてきました。

パチンコ、パチスロをやっている人であればわかると思うんですが、毎月プラスにするのって普通にやっていては無理です。

 

運がいいときは20万くらいなら勝つことはできますが、毎月プラスってのが難しいんです。

なぜ毎月プラスにすることが難しいというと、期待値がマイナスの台を打っているからなんです。

 

 

ハイエナを始めて3ヶ月が経った頃。

最初は収支をプラスにするためとはいえ、打ちたくもない台を打つことがかなりストレスでした。

しかしハイエナを続けていくにつれてそのストレスは無くなっていきました。

そのときわかったんですが、最初は苦痛で辛いと思うことでも3ヶ月くらい継続することで慣れてくるということ。

仕事でも最初はこんなキツイこと何年も出来ない!って思いますが、なんだかんだ続けていくことで慣れてきて苦痛は少なくなります。

ハイエナもそんな感じでストレスはあまり感じなくなってきました。

逆に期待値がマイナスの台を打つなんて考えられなくなりました。

なぜかというと、今までそうして散々負けてきたからですw

 

パチスロで負けていた頃は、パチスロを純粋に楽しんでいました。

一方、パチスロで勝てるようになってきてからは皮肉なことに純粋にパチスロを楽しめることはできなくなったんです。

ある意味、仕事みたいな感じなんですよね。

それって感情がなくなったからだと思います。

 

純粋に楽しんでいた頃は、「この台が打ちたい!」って感情から台を選んでいました。

しかし、ハイエナをやるようになってからは「勝てる台があったから打つ」という自分の感情と関係なくはパチスロを打たなければいけなかったんです。

 

 

実際やってみて気付いたこと

収支は順調にプラスになっていてもパチスロ自体は好きではなくなっていきます。

 

パチスロで負けていた頃

  • 結果に一喜一憂して楽しい。
  • トータルで負けるのでお金が無くなり、自分のやりたいことができない。
  • 仕事で汗水たらして稼いだ金が一瞬でなくなり、自己嫌悪に陥る。

 

パチスロで勝てるようになってから

  • 感情とは関係なしに期待値プラスの台があったら機械的に打つ。
  • フリーズやレア役を引いたとしても嬉しくない。だから楽しくない。
  • 仕事の給料のほかに副収入を得ること出来る。

 

負けていたころと勝てるようになったときのメリット、デメリットはこんな感じですかね。

 

それでも自分は純粋にパチスロが楽しくなくても副収入を得られるほうを選びました。

そしてその判断は間違っていなかったと思っています。

 

最後に

これは私がパチスロをやっていたときのごく一部です。

釣りブログなのに関係のない内容ですが見てくれる方がいたら、詳しくアップしていこうかと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。