知識

魚が釣れない|ショアジギング初心者でも魚が釣れた2つの方法


ショアジギング初心者でも釣ることができた方法

せっかくショアジギングの道具一式をそろえたのに全然釣れない・・・

ぽっちゃり釣り人
ぽっちゃり釣り人
センスがないみたいだからやめようかな

 

実際なかなか魚が釣れないと釣り自体をやめてしまう人もいます。

私は初のショアジギングから連続で魚を釣ることができましたが、同じ頃に始めた友人達は全く釣れていませんでした。

今回は初心者だった私が魚を釣ることができた方法を紹介します。

水中映像を見る

釣りをはじめてやるときって魚が掛かった感覚を経験したことがないのはもちろん、水中がどうなっているのか想像もつきません。

実際に魚が掛かってくれないとここには魚がいないって思ってしまいます。
たしかに魚がいないときもあるんですが、それは経験していくと魚がいそうな感じってのはわかってきます。

魚がいるとき
  • ベイト(小魚)が沢山いる
  • ナブラ(小魚が青物などに追われて水面をバシャバシャと逃げている)が発生している
  • 鳥山がある

海がこういった条件であれば魚がいる可能性はありますが、最初のうちはそこまで手が回りません。本当に魚がいるのか?って疑心暗鬼になっているとデメリットがあります。

それはすぐに心が折れて諦めてしまうことです。
魚がいてルアーを見ているけど、見切って食いつかない。そんな状態かもしれません。

釣れなくてすぐに心が折れてしまう対処法としては、水中映像を見ること。実際私が初めてショアジギングをやりに行く前に何度も見ていました。

  • 魚が水中でどんな風に泳いでいるのか
  • ルアーを見つけた魚はどうやって食いつくのか
  • ルアーにどんな魚が反応するのか
  • 魚は食いつこうとしても上手に食いつけないときがある
  • ジグ(ルアー)はどんな動きをしているのか

水中映像を見ることでこんなことに気が付くことができます。魚がいないと思っていた水中でも実は食いつこうとしてエサじゃないって見切っているのかもしれません。

事前に水中映像を見ておくと、「ルアーはこんな感じで動いている」「魚がいたらもうすぐ食いついてくるんじゃないか」ってイメージすることができるんです。

このイメージができるってのがかなり大事。何も考えずに機械的にルアーを動かしているだけでは楽しさもないですし、すぐに諦めたくもなります。

俺
釣りをしているときは水中のルアーの動きをイメージすることが大事なんだな

 

プロのやり方をマネする

ショアジギングで魚を釣るコツとしては、プロの釣り方を何度も見ることです。私は実際何度も見ていました。

俺
何回も見て勉強!!

プロの釣り方を見ることには色んなメリットがあります。

プロの釣り方を見るメリット
  • ルアーの正しい動かし方を知ることができる
  • 魚が掛かったときにどうやって手前まで引き寄せてくるか知ることができる
  • タモ入れのやり方を知ることができる
  • プロでも魚が釣れないときがあることを知ることができる

はじめてショアジギングをやる場合、どうやるのが正しいのかわかりませんよね。別にどれが正しいってことはないんですが、最初は自信が無いのでどうやればいいのかわかりません。

経験者に教えてもらえるなら安心ですが、1人でショアジギングを始めるとなると本当にこのやり方で釣れるのか?って思います。

そうならないためにもプロのやり方を何度も見てマネをするんです。釣れている人のマネをする事が魚を釣る近道。なぜならそのやり方で魚は釣れるからです。

マネをする人を決めるということは師匠を決めるってことです。

師匠は1人!

注意してほしいのは師匠は1人だけにするということです。何人も師匠を決めてしまうとやり方がブレてしまいます。

釣りキング
釣りキング
師匠は1人じゃよ

 

プロによって使うルアーやロッドの動かし方が違います。そのため色んな師匠のやり方をマネしてしまうとせっかくの効果がなくなってしまいます。

  1. まず1人師匠を決めてやり方をマネする
  2. 何回も繰り返すことで体に染みついていく
  3. やっと魚が釣れる
  4. 釣り方に自信が持てる

ここまで達することができれば釣りの楽しさにも気づくことができて、自信も持てるようになります。反対にここまでくることができないと釣りをやめてしまうことにもなります。

俺
マネをすることはかっこ悪いことじゃないぜ

魚を釣るためにはただルアーに食いつかせればいいってわけではありません。ルアーに掛かってからバレないように手前まで持ってこなければいけません。

ラインのテンションが緩まないように気を付けたり、ドラグ調整も自分でやらなければいけません。またタモ入れもうまくやらないとバラしてしまうのでしっかりがプロのやり方を見ておきましょう。

あとプロの方でも釣れないときは全く釣れないということを知っておくことが非常に大事です。プロだったら簡単に魚が釣れるって思うかもしれませんが、魚がいなかったり活性が低いときには釣れないときもあるんです。

実際ショアジギングをやってなかなか釣れないときはプロでも釣れないときがあるんだからしょうがないってくらいに考えていたほうがいいです。自分だけ釣れないって考えこんでしまうと趣味の釣りのはずがストレスを感じてしまうことになります。

パトランじぃ
パトランじぃ
釣りは自然が相手だから釣れないときはどう頑張っても釣れないよ

魚が釣れない人は水中をイメージしよう

当たり前のことですが釣りをしないと魚は釣れません。しかし、なかなか釣れない状況で釣りを続けるというのは精神的にキツいことです。

精神的に折れないためにはこの釣り方なら魚が食ってくる!という強い自信があればいいんです。

魚が釣ったことがないと自分の釣り方に自信が持てなくなり、すぐに釣りを諦めてしまうことになります。そうならないためにも今回紹介した方法を試してみてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら