知識

釣りはしたいけど魚を触りたくない人はフィッシュグリップを使おう!

海釣りにフィッシュグリップは必需品

友人や女性に対して「釣りしてみない?」って聞くと「魚を触りたくない!」って返答が結構聞かれます。

たしかに魚に触るとヌルヌルしているし、手が生臭くなってしまいます。釣りをしているとすぐに手を洗える状況ではないので、慣れていない人にはかなりの障壁になってしまいます。

実は釣りをしている私自身も魚を触るのが苦手なんです…

俺
あまり触りたくないな…

だって生臭い手で服や車を運転するとニオイが移ってしまうじゃないですか。

でも釣り自体は好きなんです。こんなことを言うと、かなりワガママな感じに聞こえるかもしれませんが実際に同じことを思っている人は多いです。

フィッシュグリップがあれば一発で解決

釣りをしたいけど手を汚したくないのであればフィッシュグリップを準備しましょう。そうすることでこの悩みは簡単に解決できます。

安いものだったら1000円くらいで購入できるので釣りをするのであれば持っていて損はありません。

パトランじぃ
パトランじぃ
一度買えば長く使えるぞ

フィッシュグリップの使い道

フィッシュグリップがあると手が汚れないだけではなく色んなメリットがあります。

フィッシュグリップがあると…
  • 魚が暴れて怪我をすることを防ぐ
  • 魚から針を外しやすくなる

魚が暴れて怪我をすることを防ぐ

魚は背びれやエラがトゲのようになっていたり、口にはかなり鋭い歯がある魚種がいます。そして海釣りをしていると普通に釣れちゃいます。

知らないで口に手をやったり、うかつに触ろうとすると暴れて怪我をすることがあります。そうならないためにもフィッシュグリップで魚を持つように心がけましょう。

釣り場で怪我をしてしまったら大変なことになってしまうこともあります。またアカエイの尻尾のは鋭い毒針があるので絶対に触ってはいけません。

俺
うかつに魚に触るのは危険だ

魚から針を外しやすくなる

魚を釣ったときは基本的には口に針が掛かっています。場合によっては尻尾や腹にスレ掛かりすることもあります。

この時も魚が暴れて指に針が刺さってしまうことがあります。魚を釣ったときもフィッシュグリップで魚の口を固定して、プライヤーを使うことで安全に魚から針を外すことができます。

俺
手だけで外すのは怪我の元

魚を触りたくないならフィッシュグリップを準備しよう

今回は釣りをしたいけど、魚を触るのはちょっと…という方に向けての記事を書いてみました。

手が汚れないだけではなく、怪我を防止するためにも絶対あったほうがいいですよ。せっかく釣りに行ったのに怪我をしたら嫌な思いをしてしまいます。

一度購入するだけで長く使えるので是非購入をオススメします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら